View Server の構成 ADMX (vdm_server.admx) テンプレート ファイルには、すべての Horizon 接続サーバに関連するポリシー設定が含まれます。

表 1に、接続サーバの構成 ADMX テンプレート ファイルの各ポリシー設定について記載します。このテンプレートには、コンピュータの設定のみが含まれます。グループ ポリシー管理エディタで [コンピュータの構成] > [ポリシー] > [管理用テンプレート] > [VMware View Server の構成] の順に移動すると、これらの設定を確認できます。

表 1. Horizon Server の構成テンプレート設定
設定 プロパティ
Enumerate Forest Trust Child Domains

サーバが含まれるドメインによって信頼されるドメインをすべて列挙するかどうかを指定します。完全な信頼チェーンを確立するために、信頼される側の各ドメインによって信頼されるドメインも列挙され、信頼されるすべてのドメインが検索されるまでプロセスが再帰的に続行します。クライアントがログイン時に信頼されるすべてのドメインを使用できるように、この情報は接続サーバに渡されます。

デフォルトでは、このプロパティは有効になっています。無効にすると、直接信頼されるドメインのみが列挙され、リモート ドメイン コントローラには接続されません。

注: : ドメイン関係が複雑な環境(フォレスト内のドメイン間で信頼を持つ複数のフォレスト構造を使用する環境など)では、このプロセスが完了するまでに数分かかる場合があります。
Recursive Enumeration of Trusted Domains

サーバが存在するドメインによって信頼されるドメインをすべて列挙するかどうかを指定します。完全な信頼チェーンを確立するために、信頼される側の各ドメインによって信頼されるドメインも列挙され、信頼されるすべてのドメインが検索されるまでプロセスが再帰的に続行します。クライアントがログイン時に信頼されるすべてのドメインを使用できるように、この情報は View 接続サーバに渡されます。

デフォルトでは、この設定は有効になっています。無効にすると、直接信頼されるドメインのみが列挙され、リモート ドメイン コントローラには接続されません。

ドメイン関係が複雑な環境(フォレスト内のドメイン間で信頼を持つ複数のフォレスト構造を使用する環境など)では、このプロセスが完了するまでに数分かかる場合があります。

Windows Password Authentication Mode

Windows パスワード認証のモードを選択します。

  • KerberosOnly。Kerberos で認証を行います。
  • KerberosWithFallbackToNTLM。Kerberos で認証を行いますが、失敗した場合には NTLM にフォールバックします。
  • Legacy。NTLM で認証を行いますが、失敗した場合には Kerberos にフォールバックします。レガシー NT ドメイン コントローラのサポートに使用されます。

デフォルトは、KerberosOnly です。