非認証アクセスで Horizon Client にログインして、公開アプリケーションを起動します。

セキュリティを強化するため、非認証アクセス ユーザーには、Horizon Client へのログインに使用できるユーザー エイリアスが存在します。ユーザー エイリアスを選択する場合、ユーザーの Active Directory 認証情報または UPN を入力する必要はありません。Horizon Client にログインすると、公開アプリケーションをクリックして、アプリケーションを起動できます。Horizon Client のインストールと設定の詳細については、VMware Horizon Client ドキュメント Web ページにある Horizon Client のドキュメントを参照してください。

前提条件

  • Horizon 7 バージョン 7.1 の接続サーバで非認証アクセスが構成されていることを確認します。
  • Horizon Administrator で、非認証アクセス ユーザーが作成されていることを確認します。デフォルトの非認証ユーザーが唯一の非認証アクセス ユーザーである場合、Horizon Client はデフォルトのユーザーで接続サーバ インスタンスに接続します。

手順

  1. Horizon Client を開始します。
  2. Horizon Client で、[認証されていないアクセスを使用して匿名ログイン] を選択します。
  3. 接続サーバ インスタンスに接続します。
  4. ドロップダウン メニューからユーザー エイリアスを選択して、[ログイン] をクリックします。
    デフォルト ユーザーには "default" というサフィックスが付いています。
  5. 公開アプリケーションをダブルクリックして、アプリケーションを起動します。