vdmadmin コマンドを使用して、View 接続サーバ インスタンス経由でクライアントのリモート デスクトップに接続しようとするクライアントの認証を有効にすることができます。

vdmadmin コマンドは、クライアントがリモート デスクトップへの接続用に使用する View 接続サーバ インスタンスと同じグループに属するいずれかの View 接続サーバ インスタンスで実行する必要があります。

個別の View 接続サーバ インスタンスに対して認証を有効化できますが、グループ内のすべての View 接続サーバ インスタンスがクライアント認証に関する他のすべての設定を共有します。クライアントのアカウントの追加が必要なのは 1 回だけです。View 接続サーバ グループ内で、認証が有効されたすべての View 接続サーバ インスタンスがクライアントを認証できます。

RDS ホスト上のセッション ベースの View デスクトップでキオスク モードを使用する予定の場合、Remote Desktop User グループにユーザー アカウントを追加する必要があります。

手順

  1. View 接続サーバ インスタンス上でクライアントの認証を有効化します。
                vdmadmin
                -Q
                -enable [-bauthentication_arguments] -sconnection_server [-requirepassword]
    オプション 説明
    -requirepassword パスワードの入力をクライアントに要求することを指定します。
    重要: : このオプションを指定した場合、View 接続サーバ インスタンスは自動生成されたパスワードを使用するクライアントを認証できません。View 接続サーバ インスタンスの構成を変更してこのオプションを指定すると、そのようなクライアントは認証されず、「 Unknown username or bad password(不明なユーザー名または不正確なパスワード)」というエラー メッセージが表示されて認証に失敗します。
    -s connection_server クライアントの認証を有効にする View 接続サーバ インスタンスの NetBIOS 名を指定します。
    コマンドを実行すると、指定した View 接続サーバ インスタンスによるクライアントの認証が有効になります。
  2. Microsoft RDS ホストによりリモート デスクトップが提供される場合、RDS ホストにログインし、Remote Desktop User グループにユーザー アカウントを追加します。
    たとえば、View server でユーザー アカウント custom-11 に、RDS ホスト上のセッションベースの View デスクトップへの資格を付与するとします。この場合、RDS ホストにログインし、 [コントロール パネル] > [システムとセキュリティ] > [システム] > [リモートの設定] > [ユーザーの選択] > [追加]を順に選択して、ユーザー custom-11 を Remote Desktop User グループに追加する必要があります。

キオスク モードのクライアントの認証の有効化

View 接続サーバ インスタンス csvr-2 に対しクライアントの認証を有効にします。自動生成されたパスワードを使用するクライアントは、パスワードを入力しなくても認証されます。

vdmadmin -Q -enable -s csvr-2

View 接続サーバ インスタンス csvr-3 に対しクライアントの認証を有効にして、パスワードを Horizon Client に指定するようクライアントに要求します。自動生成されたパスワードを使用するクライアントは認証されません。

vdmadmin -Q -enable -s csvr-3 -requirepassword

次のタスク

View 接続サーバ インスタンスおよびクライアントの構成を確認します。