vSphere 5.1 以降では、View 用にディスク領域再利用機能を有効にできます。vSphere 5.1 からは、View がリンク クローン仮想マシンを効率的なディスク形式で作成するようになりました。これにより、ESXi ホストはリンク クローン内で使用されていないディスク領域を再利用できるようになり、リンク クローンに必要なストレージ容量の合計を削減できます。

ユーザーがリンク クローン デスクトップを操作するたびに、クローンの OS ディスクが大きくなり、最終的には完全クローン デスクトップとほとんど同じディスク領域を使用する場合もあります。ディスク領域再利用により、リンク クローンを更新または再構成しなくても、OS ディスクのサイズを減らすことができます。仮想マシンがパワーオンされ、ユーザーがリモート デスクトップを操作している間に、領域を再利用することができます。

ディスク領域再利用は、ログオフ時の更新などのストレージ節約戦略を利用できない展開にとって特に便利です。たとえば、ユーザー アプリケーションを専用リモート デスクトップにインストールするナレッジ ワーカの場合、リモート デスクトップが更新または再構成されたときに、個人用アプリケーションが失われることがあります。View はディスク領域再利用により、最初にプロビジョニングされたときの小さなサイズとほぼ同じサイズにリンク クローンを保つことができます。

この機能には、効率的なディスク フォーマットとスペース再利用操作の 2 つのコンポーネントがあります。

vSphere 5.1 以降の環境では、親の仮想マシンが仮想ハードウェア バージョン 9 以降の場合、View は領域再利用操作が有効になっているかどうかにかかわらず、領域効率の高い OS ディスクでリンク クローンを作成します。

領域再利用操作を有効にするには、View Administrator を使用して vCenter Server 用の領域再利用を有効にして、個別のデスクトップ プール用に仮想マシンのディスク領域を再利用する必要があります。vCenter Server 用の領域再利用設定には、vCenter Server インスタンスによって管理されるすべてのデスクトップ プールでこの機能を無効にするためのオプションがあります。vCenter Server 用にこの機能を無効にすると、デスクトップ プール レベルの設定が上書きされます。

以下のガイドラインは、領域再利用機能に適用されます。

  • リンク クローン内の領域効率の高い OS ディスクでのみ使用できます。
  • これは、View Composer 通常ディスクには影響しません。
  • vSphere 5.1 以降、および仮想ハードウェア バージョン 9 以降の仮想マシンのみで機能します。
  • 完全クローン デスクトップでは使用できません。
  • SCSI コントローラを備えた仮想マシンで使用できます。IDE コントローラはサポートされていません。

ネイティブ NFS スナップショット テクノロジー(VAAI)は、領域効率の高いディスクが使用されている仮想マシンを含むプールでサポートされていません。

前提条件

  • vCenter Server および ESXi ホストについて、クラスタにすべての ESXi ホストが含まれ、ダウンロード パッチ ESXi510-201212001 以降を適用済みの ESXi 5.1 以降が搭載されたバージョン 5.1 であることを確認します。

手順

  1. View Administrator で、[ストレージ設定] ページの前に表示される [vCenter Server を追加] ウィザード ページを完了します。
    1. [View 構成] > [サーバ] を選択します。
    2. [vCenter Servers] タブで、[追加] をクリックします。
    3. [vCenter Server の情報] ページ、[View Composer 設定] ページ、[View Composer ドメイン] ページを完了します。
  2. [ストレージ設定] ページで、[領域再利用を有効にする] が選択されていることを確認します。
    View 5.2 以降の新規インストールを実行している場合は、領域再利用がデフォルトで選択されています。You must select if you are upgrading to View 5.1 以前のリリースから View 5.2 以降にアップグレードしている場合は、 [領域再利用を有効にする] を選択する必要があります。

次のタスク

[ストレージ設定] ページで、View Storage Accelerator を構成します。

View でディスク領域再利用の構成を終了するには、デスクトップ プール用の領域再利用をセットアップします。