View server で証明書を使用できるようにするには、構成ファイルを作成し、その構成ファイルから証明書署名要求 (CSR) を生成し、CA に署名要求を送信する必要があります。CA から証明書が返されたら、署名付き証明書を、View server ホスト上の Windows ローカル コンピュータ証明書ストアにインポートする必要があります。ここで、以前に生成されたプライベート キーが結合されます。

CSR は、証明書自体の生成方法に応じていくつかの方法で生成されます。

Windows Server 2008 R2 では、Microsoft certreq ユーティリティを使用して CSR を生成し、署名付き証明書をインポートできます。サードパーティの CA に要求を送信する場合は、certreq を使用して View の証明書を取得する方法が最も早く、簡単です。