VMware では、View 接続サーバ インスタンス、セキュリティ サーバ、および View Composer サービス インスタンスが使用するために、有効な認証局 (CA) が署名した SSL 証明書を構成することを強く推奨しています。

View 接続サーバ インスタンス、セキュリティ サーバ、または View Composer インスタンスをインストールするときに、デフォルトの SSL 証明書が生成されます。デフォルトの自己署名証明書をテスト用に使用できますが、できるだけ早くこれらを置き換えます。デフォルト証明書は、認証局 (CA) によって署名されていません。CA によって署名されていない証明書を使用すると、信頼されていないパーティがユーザーのサーバになりすましてトラフィックを傍受できる可能性があります。

また、View 環境では、vCenter Server でインストールされたデフォルト証明書は、認証局 (CA) によって署名された証明書に置き換える必要があります。openssl を使用して、vCenter Server 用にこのタスクを実行できます。詳細については、VMware のテクニカル ペーパー サイト (http://www.vmware.com/resources/techresources/) の「Replacing vCenter Server Certificates」を参照してください。