Cloud Pod アーキテクチャ機能を利用することで、複数のポッドをまとめてリンクし、デスクトップとアプリケーションを仲介した単一の大きな環境を提供し、環境の管理を行います。

ポッドは、接続サーバ インスタンス、共有ストレージ、データベース サーバ一式と、デスクトップとアプリケーション プールをホストするために必要な vSphere およびネットワーク インフラストラクチャから構成されます。従来の Horizon 実装では、各ポッドの管理は個別に行われます。Cloud Pod アーキテクチャ機能を使用すると、複数のポッドを参加させて、ポッド フェデレーションと呼ばれる単一の Horizon 実装を構成できます。

各ポッド フェデレーションは複数のサイトとデータセンターにわたって構成できるため、大規模の Horizon 環境を管理するうえで必要な作業を同時に簡易化できます。

以下のダイアグラムは、基本的な Cloud Pod アーキテクチャ トポロジの例です。

図 1. 基本的な Cloud Pod アーキテクチャ トポロジ
基本的な Cloud Pod アーキテクチャ トポロジの図。

この例のトポロジでは、異なるデータセンターにある本来スタンドアロンのポッドが結ばれることで単一のポッド フェデレーションを形成しています。この環境のエンド ユーザーは、ニューヨークのデータセンターの接続サーバ インスタンスに接続して、ロンドンのデータセンターにあるデスクトップまたはアプリケーションを受信できます。