グローバル デスクトップ資格からデスクトップ プールを削除したり、グローバル アプリケーション資格からアプリケーション プールを削除したりするには、--removePoolAssociation オプションを指定して lmvutil コマンドを実行します。

構文

lmvutil --removePoolAssociation --entitlementName name --poolID poolid

使用上の注意

このコマンドは、Cloud Pod アーキテクチャ機能が初期化されていない場合、指定したグローバル資格またはプールが存在しない場合、またはコマンドでプールをグローバル資格から削除できない場合に、エラー メッセージを返します。

オプション

プールをグローバル資格から削除するときには、これらのオプションを指定できます。

表 1. グローバル資格からのプールの削除のオプション
オプション 説明
--entitlementName グローバル資格の名前。
--poolID グローバル資格から削除するプールの ID。プール ID はポッドに表示されるプール名と一致する必要があります。

lmvutil --authAs adminEast --authDomain domainEast --authPassword "*" 
--removePoolAssociation --entitlementName "Windows 8 Desktop" --poolID "Windows 8 Desktop Pool A"