ユーザーをグローバル資格から削除するには、--removeUserEntitlement オプションを指定して lmvutil コマンドを実行します。グループをグローバル資格から削除するには、--removeGroupEntitlement オプションを指定して lmvutil コマンドを実行します。

構文

lmvutil --removeUserEntitlement --userName domain\username --entitlementName name
lmvutil --removeGroupEntitlement --groupName domain\groupname --entitlementName name

使用上の注意

このコマンドは、Cloud Pod アーキテクチャ機能が初期化されていない場合、ユーザー名、グループ名、または資格が存在しない場合、または資格からユーザーまたはグループを削除できない場合に、エラー メッセージを返します。

オプション

グローバル資格からユーザーまたはグループを削除するときには、これらのオプションを指定する必要があります。

表 1. グローバル資格からユーザーまたはグループを削除するオプション
オプション 説明
--userName グローバル資格から削除するユーザーの名前。フォーマット domain\username を使用します。
--groupName グローバル資格から削除するグループの名前。フォーマット domain\groupname を使用します。
--entitlementName ユーザーまたはグループを削除するグローバル資格の名前。

lmvutil --authAs adminEast --authDomain domainEast --authPassword "*" 
--removeUserEntitlement --userName domainCentral\adminCentral --entitlementName "Agent Sales"
lmvutil --authAs adminEast --authDomain domainEast --authPassword "*" 
--removeGroupEntitlement --groupName domainCentral\adminCentralGroup --entitlementName "Agent Sales"