Cloud Pod アーキテクチャ環境を初期化して構成した後で、環境が適切に設定されていることを確認する特定の手順を実行します。

前提条件

  • 最新バージョンの Horizon Client をサポート対象コンピュータまたはモバイル デバイスにインストールします。
  • 新規に作成したグローバル資格の 1 つにユーザーの認証情報があることを確認します。

手順

  1. Horizon Client を開始します。
  2. 新しいグローバル資格のいずれかで、ユーザーの認証情報を使用して、ポッド フェデレーションの任意の接続サーバ インスタンスに接続します。
    接続サーバ インスタンスに接続すると、使用可能なデスクトップおよびアプリケーションのリストにグローバル資格の名前が表示されます。
  3. グローバル資格を選択し、デスクトップまたはアプリケーションに接続します。

結果

デスクトップまたはアプリケーションが正常に起動しました。グローバル資格、ポッド、デスクトップ プールおよびアプリケーション プールのそれぞれの構成によって、どのデスクトップまたはアプリケーションが起動するかが決まります。Cloud Pod アーキテクチャ機能は、接続しているポッドからデスクトップまたはアプリケーションを割り当てようとします。

次のタスク

接続サーバ インスタンスに接続してもグローバル資格が表示されない場合は、Horizon Administrator を使用し、その資格が正常に構成されていることを確認します。グローバル資格が表示されてもデスクトップまたはアプリケーションが起動しない場合は、すべてのデスクトップ プールまたはアプリケーション プールが完全にその他のユーザーに割り当てられている可能性があります。