Microsoft Windows インストーラ (MSI) のサイレント インストール機能を使用して、複数の Windows コンピュータで View 接続サーバの標準インストールを実行できます。サイレント インストールはコマンド ラインを使用して行い、ウィザードのプロンプトに対応する必要はありません。

サイレント インストールを使うと、大規模なエンタープライズに View のコンポーネントを効率よくデプロイできます。

前提条件

  • View 接続サーバをインストールする Windows Server コンピュータに、管理者権限のあるドメイン ユーザーとしてログインできることを確認します。
  • Horizon 接続サーバの要件で説明されている要件をインストールが満たしていることを確認します。
  • 環境をインストール用に準備します。View 接続サーバのインストールの前提条件を参照してください。
  • ドメインのユーザーまたはグループを View Administrator アカウントとして許可する場合は、ドメイン アカウントを Active Directory で作成したことを確認します。
  • MIT Kerberos 認証を使用して View 接続サーバをインストールする Windows Server 2008 R2 コンピュータにログインする場合、http://support.microsoft.com/kb/978116 の KB 978116 に解説されている Microsoft ホットフィックスをインストールしてください。
  • Windows ファイアウォールで View 接続サーバ インスタンス用に開かれている必要があるネットワーク ポートについて理解します。View 接続サーバのファイアウォール ルールを参照してください。
  • セキュリティ サーバをこの View 接続サーバ インスタンスとペアにする予定にしている場合、[セキュリティが強化された Windows ファイアウォール] がアクティブなプロファイルで [オン] に設定されていることを確認します。この設定はすべてのプロファイルで [オン] にすることを推奨します。デフォルトでは、IPsec ルールはセキュリティ サーバと View 接続サーバ間の接続を制御し、[セキュリティが強化された Windows ファイアウォール] を有効にする必要があります。
  • ネットワーク トポロジにセキュリティ サーバと View 接続サーバ インスタンス間のバックエンドのファイアウォールが含まれている場合、IPsec をサポートするようにファイアウォールを構成する必要があります。バックエンド ファイアウォールを構成して IPsec をサポートするを参照してください。
  • View 接続サーバをインストールする Windows コンピュータにバージョン 2.0 以降の MSI ランタイム エンジンがあることを確認します。詳細については、マイクロソフトの Web サイトを参照してください。
  • MSI インストーラのコマンドライン オプションについて理解しておきます。Microsoft Windows インストーラ コマンド ライン オプションを参照してください。
  • View 接続サーバの標準インストールで使用できるサイレント インストール プロパティについて理解しておきます。View 接続サーバの標準インストールのサイレント インストールのプロパティを参照してください。

手順

  1. VMware ダウンロード ページ (https://my.vmware.com/web/vmware/downloads) から、接続サーバ インストーラ ファイルをダウンロードします。
    [Desktop & End-User Computing(デスクトップおよびエンドユーザー コンピューティング)] で VMware Horizon 7 のダウンロードを選択します。これには接続サーバ ファイルが含まれます。

    インストーラのファイル名は、VMware-viewconnectionserver-x86_64-y.y.y-xxxxxx.exe です。xxxxxx は、ビルド番号であり、y.y.y はバージョン番号です。

  2. Windows Server コンピュータでコマンド プロンプトを開きます。
  3. インストール コマンドを 1 行で入力します。
    例: VMware-viewconnectionserver-y.y.y-xxxxxx.exe /s /v"/qn VDM_SERVER_INSTANCE_TYPE=1 VDM_INITIAL_ADMIN_SID=S-1-5-32-544 VDM_SERVER_RECOVERY_PWD=mini VDM_SERVER_RECOVERY_PWD_REMINDER=""First car"""
    重要: : サイレント インストールを実行する場合、データ リカバリ パスワードを含むフル コマンド ラインがインストーラの vminst.log ファイルに記録されます。インストールが完了したら、このログ ファイルを削除するか、View Administrator を使用してデータ リカバリ パスワードを変更します。
  4. Windows Server コンピュータで新しいパッチをチェックし、必要に応じて Windows Update を実行します。
    View 接続サーバをインストールする前に Windows Server コンピュータのパッチを完全に適用していたとしても、インストールによりオペレーティング システム機能が初めて有効になる場合があります。この場合、追加のパッチが必要になる場合があります。

結果

次の Horizon 7 サービスが Windows Server コンピュータにインストールされます。

  • VMware Horizon 接続サーバ
  • VMware Horizon View Framework コンポーネント
  • VMware Horizon View Message Bus コンポーネント
  • VMware Horizon View スクリプト ホスト
  • VMware Horizon View Security Gateway コンポーネント
  • VMware Horizon View PCoIP Secure Gateway
  • VMware Horizon View Blast Secure Gateway
  • VMware Horizon View Web コンポーネント
  • VMware VDMDS (View LDAP ディレクトリ サービスを提供します)

インストール時に [HTML Access のインストール] 設定を選択した場合、HTML Access コンポーネントが Windows Server コンピュータにインストールされています。このコンポーネントにより、Horizon 7 ユーザー ポータル ページの HTML Access アイコンが構成され、Windows ファイアウォールでの [VMware Horizon View 接続サーバ (Blast-In)] ルールが有効になります。このファイアウォール ルールにより、クライアント デバイス上の Web ブラウザは、TCP ポート 8443 で接続サーバに接続できるようになります。

これらのサービスについては、『View 管理ガイド』を参照してください。

次のタスク

View 接続サーバ用の SSL サーバ証明書を構成します。View Servers 用の SSL 証明書の構成を参照してください。

古いバージョンの vCenter Server がある場合、接続サーバから vCenter 接続で TLSv1.0 を有効にするを参照してください。

View を初めて構成する場合は、View 接続サーバの初期構成を行います。View の初回構成を参照してください。