View 接続サーバ インスタンスがインストールされている Windows Server コンピュータの仮想メモリを、システム ページ ファイルの設定を変更することで最適化できます。

Windows Server をインストールするとき、Windows はコンピュータに搭載されている物理メモリに基づいてページ ファイルの初期サイズと最大サイズを計算します。これらのデフォルト設定は、コンピュータを再起動しても変わらず維持されます。

Windows Server コンピュータが仮想マシンの場合は、vCenter Server を使用してメモリ サイズを変更できます。ただし、Windows がデフォルトの設定を使用している場合は、システム ページ ファイルのサイズは新しいメモリ サイズに合わせて調整されません。

手順

  1. View 接続サーバがインストールされている Windows Server コンピュータで、[仮想メモリ] ダイアログ ボックスに移動します。
    デフォルトで、 [カスタム サイズ] が選択されています。ページ ファイルの初期サイズと最大サイズが表示されます。
  2. [システム管理サイズ] をクリックします。

結果

Windows は継続的に、現在のメモリ使用と使用可能なメモリに基づいてシステム ページ ファイルのサイズを再計算します。