View 接続サーバ インスタンスおよびセキュリティ サーバ用にファイアウォールの特定のポートを開く必要があります。

View 接続サーバをインストールするときは、必要な Windows ファイアウォール ルールをインストール プログラムのオプションで構成できます。これらのルールは、デフォルトで使用されるポートを開きます。インストール後にデフォルト ポートを変更する場合は、更新したポートを介して Horizon Client デバイスを View に接続できるように Windows ファイアウォールを手動で構成する必要があります。

次の表は、インストール時に自動的に開くことができるデフォルト ポートを一覧で示しています。これらのポートは、特に記述のない限り受信ポートです。

表 1. View 接続サーバのインストール時に開かれるポート
プロトコル ポート View 接続サーバ インスタンスの種類
JMS TCP 4001 標準およびレプリカ
JMS TCP 4002 標準およびレプリカ
JMSIR TCP 4100 標準およびレプリカ
JMSIR TCP 4101 標準およびレプリカ
AJP13 TCP 8009 標準およびレプリカ
HTTP TCP 80 標準、レプリカ、およびセキュリティ サーバ
HTTPS TCP 443 標準、レプリカ、およびセキュリティ サーバ
PCoIP TCP 4172(受信)、

UDP 4172(双方向)

標準、レプリカ、およびセキュリティ サーバ
HTTPS TCP 8443

UDP 8443

標準、レプリカ、およびセキュリティ サーバ。

View への最初の接続が行われた後、Web ブラウザまたはクライアント デバイスは、TCP ポート 8443 で Blast Secure Gateway に接続します。Blast Secure Gateway をセキュリティ サーバまたは View 接続サーバ インスタンスで有効にして、この第 2 の接続が行われることを許可します。

HTTPS TCP 8472 標準およびレプリカ

Cloud Pod アーキテクチャ機能の場合:ポッド間通信に使用されます。

HTTP TCP 22389 標準およびレプリカ

Cloud Pod アーキテクチャ機能の場合:グローバル LDAP レプリケーションに使用されます。

HTTPS TCP 22636 標準およびレプリカ

Cloud Pod アーキテクチャ 機能の場合:保護されたグローバル LDAP レプリケーションに使用されます。