Linux 仮想マシンの手動デスクトップ プールを作成できます。

前提条件

手順

  1. View Administrator で、手動デスクトップ プールを追加します。
    [カタログ] > [デスクトップ プール] > [追加] を選択します。
  2. [手動デスクトップ プール] を選択します。
  3. [ユーザー割り当て] ページで、デスクトップ プールのマシンに専用ユーザーまたはフローティング ユーザー割り当てのどちらかを選択して、[次へ] をクリックします。
  4. [マシン ソース] ページで、[vCenter 仮想マシン] を選択して、[次へ] をクリックします。
  5. [vCenter Server] ページで、適切な vCenter Server を選択して、[次へ] をクリックします。
  6. デスクトップ プール ID を入力します。
  7. [デスクトップ プールの設定] ページで、次のオプションを設定します。
    オプション 説明
    デフォルト表示プロトコル VMware Blast
    ユーザーがプロトコルを選択できるようにする いいえ
    3D レンダラー 2D 版 vSphere Client、vSGA、または、vDGA デスクトップ、および vGPU デスクトップ版 NVIDIA GRID vGPU を使用して管理します。
    注: : プールの設定は必須です。設定してない場合、デスクトップへの接続が失敗して、プロトコル エラーやブラック スクリーンが生じる場合があります。
  8. [vCenter 仮想マシンを追加] ページで、[Linux 仮想マシン] を選択します。[追加] をクリックし、[次へ] をクリックします。
    注: : 同じデスクトップ プールに、Windows と Linux の仮想マシンを作成しないでください。
  9. プロンプトに従って、手順を完了します。

    デスクトップ プールにあるマシンへの資格をユーザーに付与します。View Administrator で、[デスクトップ プール] を選択し、[資格] > [資格を追加] を選択して、ユーザーまたはグループを追加します。

結果

Linux 仮想マシンを、 Horizon 7 を展開した環境でリモート デスクトップとして使用する準備が整いました。