Linux 仮想マシンの自動化された完全なクローン デスクトップ プールを作成できます。自動化された完全なクローン デスクトップ プールを作成した後は、Horizon 7 のデプロイ環境で Linux 仮想マシンをリモート デスクトップとして使用できます。

前提条件

  • Horizon Agent が Linux ゲスト OS にインストールされていることを確認します。Linux 仮想マシンへの Horizon Agent のインストールを参照してください。
  • Winbind ソリューションを使用して、Linux 仮想マシンを Active Directory に参加させる場合、仮想マシン テンプレートで Winbind ソリューションの構成を完了する必要があります。
  • Winbind ソリューションを使用する場合、仮想マシンでドメインに参加するためのコマンドを実行する必要があります。シェル スクリプトにこのコマンドを追加して、/etc/vmware/viewagent-custom.conf にある Horizon Agent のオプション RunOnceScript にこのスクリプトのパスを指定します。詳細については、Linux デスクトップでの構成ファイルのオプション設定を参照してください。
  • vCenter Server が Horizon 接続サーバに追加されていることを確認します。

手順

  1. ゲスト カスタマイズの仕様を作成します。

    vSphere 仮想マシン管理ドキュメントの「vSphere Web Client での Linux 向けカスタマイズ仕様の作成」を参照してください。仕様を作成する場合、次の設定を必ず正しく指定してください。

    設定
    ターゲット仮想マシンの OS Linux
    コンピュータ名 仮想マシン名を使用します。
    ドメイン View 環境のドメインを指定します。
    ネットワーク設定 標準ネットワーク設定を使用します。
    プライマリ DNS 有効なアドレスを指定します。
    注: : ゲスト OS のカスタマイズのサポート一覧の詳細については、 http://partnerweb.vmware.com/programs/guestOS/guest-os-customization-matrix.pdf を参照してください。
  2. Horizon Administrator で、[カタログ] > [デスクトップ ツール] > [追加] を選択します。
  3. [自動化されたデスクトップ プール] を選択して、[次へ] をクリックします。
  4. デスクトップ プールにあるマシンのユーザー割り当てについて「専用」または「流動」のいずれかを選択して、[次へ] をクリックします。
  5. [vCenter Server] ページで、[フル仮想マシン] を選択し、適切な vCenter Server を選択して、[次へ] をクリックします。
  6. [デスクトップ プール ID] ページで、デスクトップ プール ID を入力して、[次へ] をクリックします。
  7. [デスクトップ プールの設定] ページで、次のオプションを設定して、[次へ] をクリックします。
    オプション 説明
    デフォルト表示プロトコル VMware Blast
    ユーザーがプロトコルを選択できるようにする いいえ
    3D レンダラー 2D 版 vSphere Client、vSGA、または、vDGA デスクトップ、および vGPU デスクトップ版 NVIDIA GRID vGPU を使用して管理します。
    注: : プールの設定は必須です。設定してない場合、デスクトップへの接続が失敗して、プロトコル エラーやブラック スクリーンが生じる場合があります。
  8. [プロビジョニングの設定] ページで、[仮想マシンの名前付け] オプションを設定して、[次へ] をクリックします。
    オプション 説明
    名前を手動で指定 名前を手動で入力します。
    名前付けパターンを使用 たとえば、LinuxVM-{n} のように指定します。

    次のデスクトップ プールのサイズ設定オプションを指定する必要があります。

    • マシンの最大数
    • スペアのパワーオン状態のマシンの数
  9. [ストレージの最適化] ページで、ストレージ管理のポリシーを選択して、[次へ] をクリックします。
  10. [vCenter 設定] ページで、[参照] をクリックし、vCenter Server の設定を順番に選択し、[次へ] をクリックする必要があります。
    vCenter Server の設定を省略することはできません。
    1. テンプレート
    2. 仮想マシンのフォルダの場所
    3. ホストまたはクラスタ
    4. リソース プール
    5. データストア
  11. [詳細ストレージ オプション] ページで、適切なストレージ オプションを選択して、[次へ] をクリックします。
  12. [ゲストのカスタマイズ] ページで、Linux のゲスト カスタマイズを選択して、[次へ] をクリックします。
  13. [設定内容の確認] ページで、詳細を確認して、[このウィザードの終了後にユーザーに資格を割り当てる] を選択します。
  14. [終了] をクリックします。
  15. デスクトップ プールにあるマシンへの資格をユーザーに付与するには、デスクトップ プールを選択して、[資格] > [資格を追加] をクリックして、ユーザーとグループを追加します。
  16. デスクトップ プールのすべての Linux 仮想マシンが利用可能になるまで待機します。