仮想マシンのログ ファイルとゲスト OS を確認して、RHEL 7 仮想マシンで vSGA が実行されていることを確認できます。

手順

  1. 仮想マシンの vmware.log ファイルを開きます。
    サポート対象の GPU および NVIDIA VIB が正しくインストールされている場合、ログ ファイルに次の例のような行が表示されます。
    2015-06-24T22:19:25.259Z| mks| I120: OpenGL Version: "4.0.0 NVIDIA 346.69" (4.0.0)
    2015-06-24T22:19:25.259Z| mks| I120: GLSL Version: "4.00 NVIDIA" (4.00.0)
    2015-06-24T22:19:25.259Z| mks| I120: OpenGL Vendor: "NVIDIA Corporation"
    2015-06-24T22:19:25.259Z| mks| I120: OpenGL Renderer: "Quadro 4000/PCIe/SSE2"
    サポート対象の GPU および NVIDIA VIB が正しくインストールされていない場合、仮想マシンはソフトウェア レンダラーを使用します。 vmware.log ファイルには、次の例のような行が表示されます。
    2015-07-06T17:09:26.423Z| vmx| I120: [msg.mks.noGPUResourceFallback] Hardware GPU resources are not available. The virtual machine uses software rendering.
    2015-07-06T17:09:26.423Z| vmx| I120: ----------------------------------------
    2015-07-06T17:09:26.425Z| svga| I120: MKS-SWP: plugin started - llvmpipe (LLVM 3.3, 256 bits)
    2015-07-06T17:09:26.426Z| svga| I120: Started Shim3D
    2015-07-06T17:09:26.426Z| svga| I120: MKS-RenderMain: Starting SWRenderer
  2. 仮想マシンのゲスト OS で、次のコマンドを入力します。
    glxinfo|grep Gallium
    vSGA が動作している場合、コマンドは次のテキストを返します。
    OpenGL renderer string: Gallium 0.4 on SVGA3D; build : RELEASE; 
    vSGA が正しく動作していない場合、コマンドは次のテキストを返します。
    OpenGL renderer string: Gallium 0.4 on llvmpipe (LLVM 3.3, 256 bits)

次のタスク

Linux 仮想マシンに Horizon Agent をインストールします。Linux 仮想マシンへの Horizon Agent のインストールを参照してください。