Blast Extreme または PCoIP 表示プロトコルで利用できるソフトウェアおよびハードウェア アクセラレータによるグラフィックス機能を使用すれば、リモート デスクトップ ユーザーは、Google Earth から CAD などのグラフィックスを多用するアプリケーションに至るまでの 3D アプリケーションを実行することができます。

NVIDIA GRID vGPU(共有 GPU ハードウェア アクセラレーション)
vSphere 6.0 以降で利用可能なこの機能では、ESXi ホストの物理 GPU(グラフィック処理ユニット)が仮想マシン間で共有できます。この機能は、ハイエンドのハードウェア高速ワークステーション グラフィックスが必要な場合に使用します。
vDGA を使用する AMD Multiuser GPU
vSphere 6.0 以降で提供されるこの機能により、GPU が複数の PCI パススルー デバイスのように見えるようになり、複数の仮想マシンで AMD GPU を共有できます。この機能により、軽量な 3D タスクを処理するユーザーから、ハイエンド ワークステーションでグラフィックスを処理するパワー ユーザーまで、ハードウェアで高速化された柔軟性のある 3D プロファイルを使用できるようになります。
Virtual Dedicated Graphics Acceleration (vDGA)
vSphere 5.5 以降で提供されるこの機能を使用して、ESXi ホスト上の単一の物理 GPU を単一の仮想マシン専用にすることができます。この機能は、ハイエンドのハードウェア高速ワークステーション グラフィックスが必要な場合に使用します。
注: : 一部の Intel vDGA カードでは、特定の vSphere 6 バージョンが必要です。 http://www.vmware.com/resources/compatibility/search.phpにある VMware ハードウェア互換性一覧を参照してください。また、Intel vDGA の場合、他のベンダーと同様に個別の GPU ではなく、Intel 統合 GPU が使用されます。
Virtual Shared Graphics Acceleration (vSGA)
vSphere 5.1 以降で提供されるこの機能により、ESXi ホスト上の物理的な GPU を複数の仮想マシンで共有できます。デザイン、モデリング、マルチメディアなどの処理に 3D アプリケーションを使用できます。
ソフト 3D
vSphere 5.0 以降で提供されるソフトウェア アクセラレータによるグラフィックスで、物理的な GPU を必要とすることなく、DirectX 9 と OpenGL 2.1 アプリケーションを実行できます。この機能は、Windows Aero テーマ、Microsoft Office 2010、Google Earth など、リソース要求が少ない 3D アプリケーションで使用します。

Microsoft RDS ホスト上で実行されるリモート アプリケーションで NVIDIA GRID vGPU および vDGA もサポートされるようになりました。

重要: : 3D レンダリングに関するさまざまな選択肢と要件の詳細については、グラフィック アクセラレーションに関する VMware のホワイト ペーパーおよび NVIDIA GRID vGPU Deployment Guide for VMware Horizon 6.1を参照してください。