VMware ThinApp™ では、仮想化されたアプリケーション サンドボックスで実行される 1 つのファイルにアプリケーションをパッケージ化できます。この戦略を採用すると、柔軟で競合の発生しないアプリケーション プロビジョニングが可能になります。

VMware ThinApp はアプリケーションの基盤となるオペレーティング システムおよびそのライブラリとフレームワークから切り離し、アプリケーション パッケージという単一の実行ファイルにバンドルすることにより、アプリケーションの仮想化を実現します。View Administrator を使用して VMware ThinApp アプリケーションをデスクトップおよびプールに配布できます。

重要: : デスクトップおよびプールに割り当てて ThinApps を配布する代わりに、ThinApps を Active Directory ユーザーおよびグループに割り当てる場合、 VMware Identity Manager を使用できます。

VMware ThinApp で仮想化されたアプリケーションを作成してから、アプリケーションを共有ファイル サーバからストリーミングするかまたは仮想デスクトップにアプリケーションをインストールするかを選択できます。仮想化されたアプリケーションをストリーミング用に構成する場合は、アーキテクチャに関する次の考慮事項に対処する必要があります。

  • アプリケーション パッケージが格納されている特定のアプリケーション リポジトリに対する特定のユーザー グループのアクセス
  • アプリケーション リポジトリのストレージ構成
  • ストリーミングによって生成されるネットワーク トラフィック(アプリケーションのタイプに大きく左右される)

アプリケーションをストリーミングする場合、ユーザーはアプリケーションをデスクトップ ショートカットを使用して起動できます。

仮想デスクトップにインストールされるように ThinApp パッケージ ファイルを割り当てる場合も、アーキテクチャに関して、従来の MSI ベースのソフトウェア プロビジョニングを使用する場合と類似の考慮事項があります。アプリケーションをストリーミングするにしても、リモート デスクトップに ThinApp パッケージをインストールするにしても、どちらの場合でもアプリケーション リポジトリのストレージ構成について考慮する必要があります。