リアルタイム オーディオ ビデオ機能を使用すれば、リモート デスクトップでローカル コンピュータの webcam またはマイクロフォンを使用できます。リアルタイム オーディオ ビデオは、標準的な会議アプリケーションおよびブラウザベースのビデオ アプリケーションと互換性があり、標準的な webcam、オーディオ USB デバイス、およびアナログ オーディオ入力をサポートします。

エンド ユーザーは、Skype、Webex、Google Hangouts などのオンライン会議アプリケーションを仮想デスクトップで実行できます。この機能は、USB リダイレクトを使用して達成できるよりも大幅に低い帯域幅でビデオおよびオーディオ データをリモート デスクトップにリダイレクトします。リアルタイム オーディオ ビデオを使用すると、webcam イメージとオーディオ入力はクライアント上でエンコードされてからリモート デスクトップに送信されます。リモート デスクトップでは、サードパーティ アプリケーションで使用できる仮想 webcam と仮想マイクロフォンによってストリームのデコードと再生が行われます。

特別な構成は必要ありませんが、管理者はリモート デスクトップ用の GPO とレジストリ キーを設定することによってフレーム レートとイメージの解像度を構成することも、この機能をすべて無効にすることもできます。デフォルトでは、毎秒 15 フレームの場合、解像度は 320 × 240 ピクセルです。管理者は、必要に応じて、クライアント側の設定を使用して推奨する webcam またはオーディオ デバイスを設定することもできます。

注: : この機能を使用できるのは、一部のクライアント タイプ上だけです。この機能が特定のタイプのクライアントでサポートされるかどうかを確認するには、デスクトップまたはモバイル クライアント デバイスのそれぞれのタイプに関する『 VMware Horizon Client の使用』に記載されている機能サポート マトリックスを参照してください。