セキュリティ サーバおよび Access Point アプライアンスには、Blast Secure Gateway コンポーネントが含まれています。Blast Secure Gateway を有効にすると、認証が行われた後、Blast Extreme または HTML Access を使用するクライアントがセキュリティ サーバまたは Access Point アプライアンスへの第 2 の安全な接続を確立できます。この接続により、クライアントはインターネットからリモート デスクトップとリモート アプリケーションにアクセスできるようになります。

Blast Secure Gateway コンポーネントを有効にすると、Blast Extreme トラフィックがセキュリティ サーバまたは Access Point アプライアンスによってリモート デスクトップとリモート アプリケーションに転送されます。Blast Extreme を使用するクライアントで USB リダイレクト機能またはマルチメディア リダイレクト (MMR) のアクセラレーションも使用する場合は、そのデータを転送するために View Secure Gateway コンポーネントを有効にできます。

直接クライアント接続を構成した場合は、Blast Extreme トラフィックなどのトラフィックがクライアントからリモート デスクトップまたはリモート アプリケーションに直接送信されます。

自宅やモバイルの就業者などのエンド ユーザーがインターネットからデスクトップにアクセスする場合、必要なレベルのセキュリティおよび接続性がセキュリティ サーバまたは Access Point アプライアンスよって提供されるため、VPN 接続は必要ありません。Blast Secure Gateway コンポーネントによって、企業のデータセンターに入ることができるリモート トラフィックが、強力な認証を経たユーザーのトラフィックに確実に限定されます。エンド ユーザーはアクセスが許可されているリソースにのみアクセスできます。