Horizon 7 は、企業の機密データを保護するための強力なネットワーク セキュリティ機能を備えています。セキュリティを強化するため、Horizon 7 を他社製のユーザー認証ソリューションと統合したり、セキュリティ サーバを使用したり、制限付き資格の機能を実装したりできます。

重要: : Horizon 6 バージョン 6.2 以降では、FIPS(米国連邦情報処理規格)140-2 準拠のアルゴリズムを使用して暗号化操作を実行できます。これらのアルゴリズムの使用を有効にするには、 Horizon 7 を FIPS モードでインストールします。FIPS モードでは、一部の機能がサポートされません。詳細については、『 View のインストール』を参照してください。