Horizon 7 には、いくつかの構成ファイルと、保護する必要がある同じようなリソースが含まれます。

表 1. Horizon 接続サーバおよびセキュリティ サーバのリソース
リソース 場所 保護
LDAP 設定 適用なし LDAP データは、ロール ベースのアクセス制御の一環として自動的に保護されます。
LDAP バックアップ ファイル

%ProgramData%\VMWare\VDM\backups

アクセス制御により保護されます。
locked.properties

(セキュア ゲートウェイの構成ファイル)

install_directory\VMware\VMware View\Server\sslgateway\conf Horizon 管理者以外のユーザーからのアクセスに対して、このファイルを確実に保護できるようにします。
absg.properties(Blast Secure Gateway の構成ファイル) install_directory\VMware\VMware View\Server\appblastgateway Horizon 管理者以外のユーザーからのアクセスに対して、このファイルを確実に保護できるようにします。
ログ ファイル GUID-79A2A422-AF18-41BC-B15F-0117DBB10CCC.html#GUID-79A2A422-AF18-41BC-B15F-0117DBB10CCCを参照してください。 アクセス制御により保護されます。
web.xml

(Tomcat 構成ファイル)

install_directory\VMware View\Server\broker\web apps\ROOT\Web INF アクセス制御により保護されます。