View Administrator への接続を除いて、HTTP への接続は HTTPS にサイレントでリダイレクトされます。HTTP リダイレクトは、最近の Horizon クライアントでは HTTPS がデフォルトになっているので不要ですが、たとえば、Horizon Client のダウンロードなど、Web ブラウザでユーザーが接続する場合に役立ちます。

HTTP リダイレクトの問題は、セキュアでないプロトコルにあります。ユーザーがアドレス バーに https:// を入力する習慣がない場合、期待するページが正しく表示されている場合であっても、攻撃者は Web ブラウザに危害を加えたり、マルウェアをインストールしたり、証明書を盗むことができます。

注: : 外部接続用の HTTP リダイレクトは、外部ファイアウォールがインバウンド トラフィックを TCP ポート 80 に許可するように構成されている場合に限って実行できます。

View Administrator への HTTP 上での接続はリダイレクトされません。代わりに、エラー メッセージが返され、HTTPS を使用する必要があることが示されます。

すべての HTTP 接続の試行のリダイレクトを防ぐには、『View のインストール』の「接続サーバへのクライアント接続で HTTP リダイレクトを防止」を参照してください。

View 接続サーバ インスタンスまたはセキュリティ サーバのポート 80 への接続は、SSL クライアント接続を中間デバイスにオフロードする場合も実行できます。『View 管理ガイド』の「SSL 接続を中間サーバにオフロードする」を参照してください。

SSL ポート番号が変更されたときに HTTP リダイレクトを許可するには、『View インストール』の「接続サーバへの HTTP リダイレクト用のポート番号を変更」を参照してください。