vSphere 5.5 Update 1 以降では、高性能なストレージとポリシー ベースの管理のために Virtual SAN 機能を使用できます。

Virtual SAN では、vSphere ホストのクラスタで使用できるローカルで接続された物理ストレージ ディスクが、1 つの仮想データストアとして集約されます。このデータストアは、デスクトップ プールを作成するときに指定します。仮想マシン ファイル、レプリカ、ユーザー データ、オペレーティング システム ファイルなどの各種コンポーネントは、適切な半導体ディスク ドライブ (SSD) ディスクまたは直接接続されたハードディスク (HDD) に配置されます。

容量、パフォーマンス、可用性などの仮想マシン ストレージ要件は、使用されているプール設定に応じて、View によってデフォルト ストレージ ポリシー プロファイルの形で定義されます。ストレージは、割り当てられたポリシーに従ってプロビジョニングされ、自動的に設定されます。

注: : 仮想マシンのデスクトップが Virtual SAN データストアでホストされている場合、領域再利用機能はサポートされません。