vSphere 5.1 以降では、Horizon 7が効率的なディスク形式でリンク クローン仮想マシンを作成します。この形式により、ESXi ホストはリンク クローンの未使用のディスク領域を再利用することができます。この機能を使用するためのプールのアップグレードでは、vCenter Server、View LDAP およびプールの設定の変更、そしてプールの再構成を行います。

注: : 仮想マシンのデスクトップが Virtual SAN データストアまたは Virtual Volumes データストアでホストされている場合、領域再利用機能はサポートされません。

領域再利用機能は、仮想マシンで使用されるディスク領域量を削減しますが、使用されない領域だけを再利用できます。この機能は、最適化されていない仮想マシンで作成されたディスク領域を再利用できません。オペレーティング システム イメージを最適化するために、インデクサ サービス、デフラグメント サービス、および復元ポイントなどの Windows サービスをオフにできます。詳細については、『Horizon 7 での仮想デスクトップのセットアップ』の「Windows ゲスト OS のパフォーマンスの最適化」「Windows 7 および Windows 8 ゲスト OS のパフォーマンスの最適化」および「リンク クローン デスクトップ用の Windows 7 および Windows 8 の最適化」を参照してください。

重要: : この手順には、デスクトップ プールの再構成が関わるので、エンド ユーザーがオペレーティング システム ディスクに行った変更は失われます。
  1. プール内に、VMware vSphere5.1 以降のバージョンでない vCenter ServerインスタンスやESXi ホストがある場合は、それらを 5.1 以降にアップグレードします。

    手順については、『VMware vSphere アップグレード ガイド』を参照してください。

  2. プール内に、VMware vSphere5.1(仮想ハードウェア バージョン 9) 以降でない仮想マシンがある場合は、それらをアップグレードします。
    • 親仮想マシンで、VMware Tools を最新の VMware vSphere 5.1 以降のバージョンにアップグレードし、仮想マシンを最新のバージョンにアップグレードします。これは、仮想ハードウェア バージョン 9 以降である必要があります。

      手順については、『VMware vSphere アップグレード ガイド』を参照してください。

    • 親仮想マシンのスナップショットを作成します。スナップショットの作成手順については、vSphere Client のオンライン ヘルプを参照してください。
    • デスクトップ プールを再構成するために作成した親仮想マシンのスナップショットを使用します。プールの再構成の手順については、Horizon Administrator の [ヘルプ] ボタンをクリックします。

    アップグレードした仮想マシンのスナップショットからのプールの再構成は、リンク クローン プールですべての仮想マシンをアップグレードするひとつの方法です。仮想マシンを 1 つずつアップグレードすることもできます。

  3. 仮想マシンで使用されたディスク 形式をアップグレードします。
    • 接続サーバ ホストでは、ADSIEdit を使用してプールに対応するサーバ グループに移動し、[pae-UseSeSparseFormat] フィールドの値を [0] から [1] に変更します。
    • デスクトップ プールを再構成します。
  4. vCenter Server 設定を編集するために Horizon Administrator を使用し、[ストレージ] タブに移動し、[VM ディスク容量を再利用] を選択します。

    サーバ設定の編集の手順については、Horizon Administrator の [ヘルプ]ボタンをクリックします。

  5. プール設定を編集するために Horizon Administrator を使用し、[詳細なストレージ]セクションに移動し、[VM ディスク容量を再利用]を選択し、容量再利用のしきい値を 1 GB に設定します。