vCenter Serverのアップグレードは、その他の View Server コンポーネントをアップグレードするのと同じメンテナンス期間に実行します。vCenter Server をアップグレードする前に、View データを一部バックアップする必要があります。アップグレード後、View Composer が同じサーバ上で実行されている場合、View Composer サービスを再起動する必要があります。

注: : vCenter Server のアップグレード中に、既存のリモート デスクトップとアプリケーションのセッションは切断されませんが、次の機能を使用できません。
  • プロビジョニング状態のリモート デスクトップはパワーオンされません。
  • 新しいデスクトップは起動されません。
  • View Composer の操作は許可されません。

前提条件

  • この手順をいつ実行すべきかを判断します。利用可能なデスクトップメンテナンス期間を選択します。所要時間については、『VMware vSphere アップグレード ガイド』を参照してください。
  • vCenter Server データベースと View Composer データベースをバックアップします。
  • vdmexport.exe ユーティリティを使用して、View 接続サーバ インスタンスから View LDAP データベースをバックアップします。

    手順については、『View 管理者ガイド』を参照してください。 レプリカ グループ内に View 接続サーバ インスタンスが複数存在する場合は、1 つのインスタンスからデータをエクスポートするだけでかまいません。

  • vSphere を含むアップグレードの準備に一覧表示されている作業を実行します。
  • vCenter Server がインストールされ、ているサーバに CA (証明機関)署名付き SSL サーバ証明書がインストールされ、構成されていることを確認します。View 接続サーバをアップグレードした後に、CA 署名付き証明書を vCenter Server が使用しないと、デフォルトの自己署名証明書が View Administrator で無効として表示され、vCenter Server が利用できないというメッセージが表示されます。
  • アップグレード後の vSphere のバージョンに対応しているガイドのバージョンを参照して、『VMware vSphere アップグレード ガイド』に一覧表示されている前提条件を完全に満たします。

手順

  1. vCenter Server アップグレード ガイドVMware vSphere』 に説明されているとおりに、 をアップグレードします。
    重要: : クラスタに、Virtual SAN データストアが含まれる場合は、『 VMware Virtual SAN の管理』ドキュメントの Virtual SAN クラスタのアップグレードに関する章も参照してください。この章には vCenter Server のアップグレードについてのトピックが含まれています。
  2. View Composer が同じホストにインストールされている場合、View Composer サービスを再起動します。
  3. View Administrator にログインし、ダッシュボードを調べて、vCenter Server と View Composer アイコンが緑になっていることを確認します。
    これらのアイコンのいずれかが赤になっており、[無効な証明書が検出されました]ダイアログ ボックスが表示される場合、 [検証]をクリックして、「次の手順」で説明されているように信頼されていない証明書の指紋を受け入れるか、CA によって署名された有効な SSL 証明書をインストールします。

    vCenter Server のデフォルト証明書の置換の詳細については、『VMware vSphere Examples and Scenarios』ドキュメントを参照してください。

次のタスク

vCenter Server または View Composer のデフォルト、つまり自己署名証明書を使用するには、デフォルトの SSL 証明書のサムプリントを受け入れるを参照してください。

View Server コンポーネントのアップグレードが終了している場合は、次のメンテナンス期間に、View のアップグレードを続行します。