Horizon 6.0 () では、Virtual SAN 向けにいくつかの新しいデフォルトのストレージ ポリシーが導入されました。デスクトップ プールをアップグレードしても、View 5.3.x によって Virtual SAN 上で作成された既存の仮想マシン デスクトップにこれらのポリシーは自動的に適用されません。

また、View 5.3.x からアップグレードする場合、プールが Virtual SAN データストア上にあっても、[VMware Virtual SAN を使用する] プール設定は自動的に有効化されません。次のアップグレード オプションがあります。

  • アップグレード後、VMware vSphere 5.5 Update 1 を引き続き使用する場合、View 5.3.x で使用したデフォルトのストレージ ポリシーを使用します。このオプションを選択する場合は、[VMware Virtual SAN を使用する] が有効になるようにプール設定を編集します。
  • このトピックで説明している手順を使って、デスクトップ プールで新しいデフォルトのストレージ ポリシーが使用されるようにします。この手順では、non-Virtual SAN データストアへのデスクトップ プールを再分散してから、アップグレードを行って Virtual SAN データストアに対して再分散して戻します。
重要: : この手順に示されるタスクでは、 VMware vSphere 5.5 Update 1 クラスタ上の Virtual SAN データストアを使用して、 View 5.3.x デスクトップ プールをアップグレードする方法について説明します。Virtual SAN データストア (Tech Preview 機能) からのアップグレードは、 VMware vSphere 5.5 以前のクラスタではサポートされません。

また、この手順にはデスクトップ プールの再構成が関わるため、エンド ユーザーがオペレーティング システム ディスクに対して行った変更はすべて失われます。

前提条件

  • プール内のすべての仮想マシンが VMware vSphere 5.5 Update 1 以降の仮想マシンであることを確認します。vSphere 6.0 以降のリリースで利用可能な Virtual SAN 機能には、vSphere 5.5 Update 1 の機能と比較して多くのパフォーマンス向上があるため、VMware は VMware vSphere 6.0 以降にアップグレードすることを推奨します。vSphere 6.0 では、この機能により広範囲にわたる HCL(ハードウェア互換性)サポートも含まれています。

    アップグレードの詳細については、ESXi ホストおよび仮想マシンのアップグレードおよび『VMware vSphere アップグレード ガイド』を参照してください。Virtual SAN 要件およびアップグレードについては、『VMware Virtual SAN の管理』ドキュメントを参照してください。

  • vCenter Server で、次の権限が Composer のロールに追加されていることを確認します。
    Profile-Driven Storage: All
    Folder: Create Folder & Delete Folder
    Host: Configuration: Advanced settings

手順

  1. データストアを Virtual SAN データストアから non-Virtual SAN データストアに変更するため、デスクトップ プールのプール設定を編集して、[Rebalance] コマンドを実行します。
    サーバ設定の編集と [Rebalance] コマンドの実行の手順については、View Administrator の [ヘルプ] ボタンをクリックして確認してください。
  2. View Composer デスクトップ プールのアップグレードの説明に従って、デスクトップ プールを最新バージョンにアップグレードします。
    このプロセスでは、Horizon Agent の最新バージョンを親仮想マシンにインストールし、スナップショットを作成します。
  3. 作成した親仮想マシンのスナップショットを使用し、non-Virtual SAN データストア上にプールを再構成します。
    プールの再構成の手順については、View Administrator の [ヘルプ]ボタンをクリックします。
  4. 新たにアップグレードしたデスクトップ プールの設定を編集してデータストアを non-Virtual SAN データストアから Virtual SAN データストアに変更し、[Rebalance] コマンドを実行します。

次のタスク

Virtual SAN 1 ではなく Virtual SAN 2 を使用するため、仮想マシンを VMware vSphere 6.0 へアップグレードした場合、「Virtual SAN Disk Format バージョン 1 からのアップグレード」を参照してください。