VMware Virtual SAN データストアを使用するためのプールのアップグレードでは、プール設定を変更してからプールを再分散します。

この手順に示されるタスクでは、non-Virtual SAN データストアから Virtual SAN データストアにアップグレードする方法について説明します。vSphere 5.5 以前のクラスタの Virtual SAN データストア(Tech Preview 機能)からのアップグレードはサポートされません。

重要: : この手順には、デスクトップ プールの再構成が関わるので、エンド ユーザーがオペレーティング システム ディスクに行った変更は失われます。

前提条件

  • プールに使用されているクラスタ内のすべての ESXi ホストが 5.5 Update 1 以降にアップグレードされていることと、それらが Virtual SAN 機能のシステム要件を満たしていることを確認します。vSphere 6.0 以降のリリースで利用可能な Virtual SAN 機能には、vSphere 5.5 Update 1 の機能と比較して多くのパフォーマンス向上があるため、VMware は vSphere 6.0 以降にアップグレードすることを推奨します。vSphere 6.0 では、この機能により広範囲にわたる HCL(ハードウェア互換性)サポートも含まれています。

    アップグレードについては、「ESXi ホストおよび仮想マシンのアップグレード」および『VMware vSphere アップグレードガイド』を参照してください。Virtual SAN 要件およびアップグレードについては、『VMware Virtual SAN の管理』ドキュメントを参照してください。

  • vCenter Server で、次の権限が Composer のロールに追加されていることを確認します。
    Profile-Driven Storage: All
    Folder: Create Folder & Delete Folder
    Host: Configuration: Advanced settings

手順

  1. vCenter Server 5.5 Update 1 以降を使用し、vSphere クラスタの Virtual SAN を有効にします。
    詳細については、 『 vSphere ストレージ 』ドキュメントを参照してください。
  2. View Composer デスクトップ プールのアップグレードの説明に従って、デスクトップ プールを最新バージョンにアップグレードします。
    このプロセスでは、Horizon Agent の最新バージョンを親仮想マシンにインストールし、スナップショットを作成します。
  3. 作成した親仮想マシンのスナップショットを使用し、non-Virtual SAN データストア上にプールを再構成します。
    プールの再構成の手順については、View Administrator の [ヘルプ]ボタンをクリックします。
  4. 新たにアップグレードしたデスクトップ プールのプール設定を編集して、[VMware Virtual SAN を使用する] プール設定を有効にし、データストアを non-Virtual SAN データベースから Virtual SAN データストアに変更して、[Rebalance] コマンドを実行します。
    サーバ設定の編集と [Rebalance] コマンドの実行の手順については、View Administrator の [ヘルプ] ボタンをクリックして確認してください。