ファーム内のすべての RDS ホストで同じ負荷分散スクリプトを構成する必要があります。負荷分散スクリプトの構成には、RDS ホストでのレジストリ キーの設定が含まれます。

自動ファームを使用している場合、自動ファームの親仮想マシンでこの手順を実行します。

重要: : ファーム内のすべての RDS ホストで負荷分散スクリプトを構成するか、ファーム内の RDS ホストで一切構成しないようにする必要があります。ファーム内の一部の RDS ホストでしか負荷分散スクリプトを構成しないと、View Administrator で健全性が黄色に設定されます。

前提条件

手順

  1. RDS ホストに管理者としてログインします。
  2. Server Manager を開始します。
  3. [ツール] > [システム構成] を選択し、[ツール] タブをクリックしてレジストリ エディタを起動します。
  4. レジストリで HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\VMware, Inc.\VMware VDM\ScriptEvents に移動します。
  5. ナビゲーション領域で [RdshLoad] キーを選択します。
    [RdshLoad] キーの値(ある場合)は、トピック領域(右ペイン)に表示されます。
  6. [RdshLoad] キーが表示されているトピック領域で右クリックし、[新規] > [文字列値] を選択して、新しい文字列値を作成します。
    ベスト プラクティスとして、実行する負荷分散スクリプトを表す名前を使用します。たとえば、 cpuutilisation.vbs スクリプトには cpuutilisationScript という名前を付けます。
  7. 作成した新しい文字列値のエントリを右クリックして、[変更] を選択します。
  8. [値のデータ] テキスト ボックスに負荷分散スクリプトを呼び出すコマンド ラインを入力し、[OK] をクリックします。
    負荷分散スクリプトへの完全パスを入力します。
    例: cscript.exe "C:\Program Files\VMware\VMware View Agent\scripts\cpuutilisation.vbs"
  9. 変更を反映するため、RDS ホストで Horizon Agent サービスを再起動します。

結果

負荷分散スクリプトが RDS ホストで実行を開始します。

次のタスク

ファーム内の各 RDS ホストでこの手順を繰り返します。自動ファームの親仮想マシンでこの手順を実行した場合、自動ファームをプロビジョニングします。

負荷分散スクリプトが正しく機能することを確認する方法については、負荷分散スクリプトの検証を参照してください。