RDS ホストは、初期化された時点からその状態がさまざまに変化します。ベスト プラクティスとして、RDS ホストに対してタスクの実行や操作を行う前と後に、それらのホストが予期される状態にあるかをチェックします。

表 1. RDS ホストのステータス
ステータス 説明
スタートアップ View Agent または Horizon Agent は RDS ホスト上で起動されましたが、表示プロトコルなどの他の必要なサービスがまだ起動中です。エージェントの起動期間に、プロトコル サービスなどの他のプロセスも起動できます。
無効化が進行中 ホストでセッションがまだ実行されているときに RDS ホストの無効化が進行しています。セッションが終了する時点でステータスは無効に変わります。
無効 RDS ホストの無効化プロセスが完了しています。
検証しています View 接続サーバが初めて RDS ホストを認識した後(一般に View 接続サーバが起動または再起動した後)と、RDS ホスト上の View Agent または Horizon Agent との初めての正常な通信の前に発生します。通常、この状態は一時的なものです。この状態は、通信の問題を示すエージェントに到達できない状態と同じではありません。
エージェントが無効です View 接続サーバが View Agent または Horizon Agent を無効にすると発生します。この状態では、新しいデスクトップまたはアプリケーション セッションが RDS ホストで起動できません。
エージェントに到達できません View 接続サーバは、RDS ホスト上の View Agent または Horizon Agent と通信を確立できません。
無効な IP サブネット マスク レジストリ設定は RDS ホストで構成され、構成された範囲内に IP アドレスを持つアクティブ ネットワーク アダプタは存在しません。
エージェントを再起動する必要があります View コンポーネントがアップグレードされました。RDS ホストを再起動して、アップグレードされたコンポーネントで操作することを View Agent または Horizon Agent に許可する必要があります。
プロトコル障害 RDP 表示プロトコルが正常に動作していません。RDP が動作しておらず、PCoIP が動作している場合、クライアントは RDP または PCoIP を使用して接続できません。ただし、RDP が動作し、PCoIP が動作していない場合、クライアントは RDP を使用して接続できます。
ドメイン障害 RDS ホストでドメインへの到達の問題が発生しました。ドメイン サーバがアクセス可能でないか、ドメイン認証が失敗しました。
構成エラー サーバで RDS ロールが有効になっていません。
不明 RDS ホストは不明な状態にあります。
使用可能 RDS ホストは使用可能な状態です。ホストがファーム内に存在し、そのファームが RDS またはアプリケーション プールと関連付けられている場合、ホストは RDS デスクトップまたは RDS アプリケーションをユーザーに配布するために使用されます。
プロビジョニング (リンククローン RDS ホストのみ)仮想マシンのプロビジョニングが進行中です。
カスタマイズ (リンククローン RDS ホストのみ)仮想マシンのカスタマイズが進行中です。
削除中 (リンククローン RDS ホストのみ)仮想マシンの削除が進行中です。
エージェントの待機 (リンククローン RDS ホストのみ)View 接続サーバが View Agent または Horizon Agent に対する通信の確立を待機しています。
メンテナンス モード (リンククローン RDS ホストのみ)仮想マシンは、メンテナンス モードのため、ユーザーは使用できません。
プロビジョニング済み (リンククローン RDS ホストのみ)仮想マシンのプロビジョニングが完了しました。
プロビジョニング エラー (リンククローン RDS ホストのみ)プロビジョニング中にエラーが発生しました。
エラー (リンククローン RDS ホストのみ)仮想マシンで不明なエラーが発生しました。