アプリケーションまたは RDS デスクトップにユーザーがアクセスできるようにするプロセスの一部として、自動インスタントクローン ファームを作成します。

前提条件

  • 接続 サーバがインストールされていることを確認します。『View のインストール』ドキュメントを参照してください。
  • vCenter Server の接続サーバ設定が Horizon Administrator で構成されていることを確認します。『View 管理』ドキュメントを参照してください。
  • リモート デスクトップとして使用している仮想マシンに対して使用されている ESXi 仮想スイッチに十分な数のポートがあることを確認します。大規模なデスクトップ プールを作成する場合、デフォルト値では不十分なことがあります。
  • 親仮想マシンを準備したことを確認します。親仮想マシンで Horizon Agent がインストールされている必要があります。自動ファームの親仮想マシンの準備を参照してください。
  • vCenter Server で親仮想マシンのスナップショットを作成します。スナップショットを作成する前に親仮想マシンをシャットダウンする必要があります。接続サーバは、クローンを作成するための基本イメージとしてスナップショットを使用します。
  • ファームを作成するために指定する必要がある構成情報を収集します。自動インスタントクローン ファーム作成用ワークシートを参照してください。

手順

  1. Horizon Administrator で、[リソース] > [ファーム] をクリックします。
  2. [追加] をクリックしてワークシートで収集した構成情報を入力します。
  3. [自動ファーム] を選択して、[次へ] を選択します。
  4. [インスタント クローン] を選択して、[次へ] を選択します。
  5. ウィザードの指示に従って、ファームを作成します。
    ワークシートで収集した構成情報を使用します。ナビゲーション パネルのページ名をクリックすると、完了したウィザード ページに直接戻ることができます。

結果

Horizon Administrator で、[リソース] > [ファーム] をクリックすることでファームを表示できるようになりました。

次のタスク

アプリケーション プールまたは RDS デスクトップ プールを作成します。アプリケーション プールの作成またはRDS デスクトップ プールの作成を参照してください。