この機能を使用するとユーザーは、内蔵の RS232 ポートまたは USB シリアル アダプタなど、ローカルに接続されたシリアル(COM)ポートをリモート デスクトップにリダイレクトできます。シリアル ポート リダイレクトをサポートするには、Horizon 環境が特定のソフトウェアおよびハードウェア要件を満たす必要があります。

リモート デスクトップ

親またはテンプレート仮想マシン上のリモート デスクトップには、View Agent 6.1.1 以降または Horizon Agent 7.0 以降をインストールし、シリアル ポート リダイレクト設定オプションを設定する必要があります。デフォルトではこの設定オプションは選択解除されています。

次のゲスト OS はシングルセッションの仮想マシンでサポートされています。

  • 32 ビットまたは 64 ビットの Windows 7
  • 32 ビットまたは 64 ビットの Windows 8.x
  • 32 ビットまたは 64 ビットの Windows 10
  • デスクトップとして構成されている Windows Server 2008 R2
  • デスクトップとして構成されている Windows Server 2012 R2
  • デスクトップとして構成されている Windows Server 2016

この機能は Windows Server RDS ホスト向けには現在サポートされていません。

エージェントがインストールされているデスクトップ オペレーティング システムにシリアル ポート デバイス ドライバをインストールする必要はありません。

Horizon Clientコンピュータまたはクライアント アクセス デバイス
  • シリアル ポート リダイレクトは、Windows 7、Windows 8.x クライアント システム、および Windows 10 でサポートされています。
  • 必要なシリアル ポート デバイス ドライバをすべてインストールする必要があり、シリアル ポートがクライアント コンピュータ上で操作可能である必要があります。エージェントがインストールされているリモート デスクトップのオペレーティング システムにデバイス ドライバをインストールする必要はありません。
表示プロトコル
  • PCoIP
  • VMware Blast(Horizon Agent 7.0 以降が必要)

VMware Horizonシリアル ポート リダイレクトは、RDP デスクトップ セッションでサポートされません。