リモート デスクトップ機能のスマート ポリシーを作成するには、User Environment Manager を構成してから使用する必要があります。

User Environment Manager を構成するには、『User Environment Manager 管理者ガイド』の構成手順に従います。次の構成手順は、上記ドキュメントの情報を補足します。

  • VMware UEM FlexEngine クライアント コンポーネントをリモート デスクトップに構成するとき、FlexEngine のログオン スクリプトとログオフ スクリプトを作成します。ログオン スクリプトには -HorizonViewMultiSession -r パラメータを使用し、ログオフ スクリプトには -HorizonViewMultiSession -s パラメータを使用します。
    注: : リモート デスクトップの他のアプリケーションの起動にログオン スクリプトを使用しないでください。追加のログオン スクリプトにより、リモート デスクトップのログオンが最大 10 分間遅延する可能性があります。
  • リモート デスクトップのユーザー グループ ポリシー設定 Run logon scripts synchronously を有効にします。この設定は ユーザーの構成\ポリシー\管理用テンプレート\システム\スクリプト フォルダにあります。
  • リモート デスクトップのコンピュータ グループ ポリシー設定 Always wait for the network at computer startup and logon を有効にします。この設定は コンピュータの構成\管理用テンプレート\システム\ログオン フォルダにあります。
  • Windows 8.1 リモート デスクトップの場合、コンピュータ グループ ポリシー設定 Configure Logon Script Delay を無効にします。この設定は コンピュータの構成\管理用テンプレート\システム\グループ ポリシー フォルダにあります。
  • ユーザーがデスクトップ セッションに再接続すると Horizon のスマート ポリシー設定が更新されるようにするには、User Environment Manager 管理コンソールを使用してトリガされるタスクを作成します。トリガを [セッションの再接続]、アクションを [ユーザー環境の更新] に設定し、更新に [Horizon スマート ポリシー] を選択します。
    注: : トリガされるタスクの作成が、ユーザーのリモート デスクトップへのログイン中に行われた場合、デスクトップからログオフして、トリガされるタスクを有効にする必要があります。