PCoIP ADMX テンプレート ファイルには、PCoIP 表示プロトコルに関連するポリシー設定が含まれています。ADMX テンプレート ファイルには名前が付けられています (pcoip.admx)。これらの設定をデフォルト値(管理者による上書きが可能)にすることも、上書きできない値にすることもできます。

ADMX ファイルは、VMware-Horizon-Extras-Bundle-x.x.x-yyyyyyy.zip という .zip バンドル ファイル内にあり、VMware ダウンロードサイト(https://my.vmware.com/web/vmware/downloads)からダウンロードできます。[Desktop & End-User Computing(デスクトップおよびエンドユーザー コンピューティング)] で VMware Horizon 7 のダウンロードを選択します。これには .zip バンドル ファイルが含まれます。

PCoIP セッション変数 ADMX テンプレート ファイルには、次の 2 つのサブカテゴリがあります。

上書き可能な管理者デフォルト
PCoIP ポリシー設定のデフォルト値を指定します。管理者はこれらの設定を上書きできます。これらの設定は、レジストリ キーの値を HKLM\Software\Policies\Teradici\PCoIP\pcoip_admin_defaults に書き込みます。これらの設定はすべて、グループ ポリシー管理エディタの [コンピュータの構成] > [ポリシー] > [管理用テンプレート] > [PCoIP セッション変数] > [上書き可能な管理者デフォルト] フォルダにあります。
上書き不可の管理者設定
上書き可能な管理者デフォルトと同じ設定を含みますが、管理者はこれらの設定を上書きできません。これらの設定は、レジストリ キーの値を HKLM\Software\Policies\Teradici\PCoIP\pcoip_admin に書き込みます。これらの設定はすべて、グループ ポリシー管理エディタの [ユーザーの構成] > [ポリシー] > [管理用テンプレート] > [PCoIP セッション変数] > [上書き不可の管理者設定] フォルダにあります。

テンプレートには、コンピュータの構成とユーザーの構成の両方の設定が含まれています。

ポリシー以外のレジストリ キー

ローカル マシン設定を適用する必要があり、HKLM\Software\Policies\Teradici 下に格納できない場合は、ローカル マシン設定を HKLM\Software\Teradici 内のレジストリ キーに格納できます。HKLM\Software\Policies\Teradici にあるのと同じレジストリ キーを HKLM\Software\Teradici に入れることができます。両方の場所に同じレジストリ キーが存在する場合は、HKLM\Software\Policies\Teradici 内の設定がローカル マシン値に優先されます。