Horizon Client で USB リダイレクトに関する各種の問題が発生することがあります。

問題

Horizon Client の USB リダイレクトで、ローカル デバイスをリモート デスクトップで使用可能にできなかったり、Horizon Client で一部のデバイスがリダイレクトに使用できるように表示されなかったりします。

原因

USB リダイレクトが正常に機能しない場合、または予想どおりに機能しない場合、可能性のある原因は次のとおりです。

  • デバイスが複合 USB デバイスであり、含まれるデバイスの 1 つがデフォルトでブロックされています。たとえばマウスを含む読み上げデバイスはデフォルトでブロックされています。これはマウス デバイスがデフォルトでブロックされているためです。この問題を回避するには、『Horizon 7 でのリモート デスクトップ機能の構成』の「複合 USB デバイスのデバイス分割ポリシー設定の構成」を参照してください。
  • USB リダイレクトは、リモート デスクトップおよびアプリケーションが展開されている Windows Server 2008 RDS ホストではサポートされません。View Agent 6.1 以降では、Windows Server 2012 RDS ホストで USB リダイレクトがサポートされますが、サポート対象は USB ストレージ デバイスのみです。USB リダイレクトは、単一ユーザー デスクトップとして使用されいる Windows Server 2008 R2 および Windows Server 2012 R2 システムでサポートされます。
  • RDS デスクトップおよびアプリケーションでは、USB フラッシュ ドライブとハード ディスクのみがサポートされます。その他のタイプの USB デバイスや、セキュリティ ストレージ ドライブや USB CD-ROM などのその他のタイプの USB ストレージ デバイスを RDS デスクトップやアプリケーションにリダイレクトすることはできません。
  • Web カメラはリダイレクトの対象としてサポートされていません。
  • USB オーディオ デバイスのリダイレクトは、ネットワークの状態に依存し、信頼できません。一部のデバイスでは、アイドル状態のときでさえ、高いデータ スループットが必要です。
  • ブート デバイスでは USB リダイレクトがサポートされていません。USB デバイスからブートする Windows システムで Horizon Client を実行しており、このデバイスをリモート デスクトップにリダイレクトした場合、ローカル オペレーティング システムが応答しなかったり使用できなかったりすることがあります。http://kb.vmware.com/kb/1021409を参照してください。
  • Horizon Client for Windows では、デフォルトで、キーボード、マウス、スマート カード、オーディオ出力デバイスをリダイレクト対象として選択できません。http://kb.vmware.com/kb/1011600を参照してください。
  • RDP は、コンソール セッションの USB HID またはスマート カード リーダのリダイレクトをサポートしていません。http://kb.vmware.com/kb/1011600を参照してください。
  • Windows Mobile デバイス センターにより、RDP セッションの USB デバイスのリダイレクトが妨げられることがあります。http://kb.vmware.com/kb/1019205を参照してください。
  • 一部の USB HID では、マウス ポインタの位置を更新するように、仮想マシンを構成する必要があります。http://kb.vmware.com/kb/1022076を参照してください。
  • 一部のオーディオ デバイスでは、ポリシー設定またはレジストリ設定を変更する必要がある場合があります。http://kb.vmware.com/kb/1023868を参照してください。
  • ネットワークのレイテンシーが原因で、デバイスの相互作用が低速になったり、アプリケーションがフリーズしているように見えることがあります。これはアプリケーションがローカル デバイスと相互作用するように設計されているからです。非常に大容量の USB ディスク ドライブは、Windows エクスプローラに表示されるまでに数分かかることがあります。
  • FAT32 ファイル システムでフォーマットされた USB フラッシュ カードはロードが遅くなります。http://kb.vmware.com/kb/1022836を参照してください。
  • リモート デスクトップまたはアプリケーションに接続する前に、ローカル システムでプロセスまたはサービスがデバイスを開いていた。
  • リダイレクトされた USB デバイスは、デスクトップまたはアプリケーションにそのデバイスが使用可能であることが表示されている場合でも、デスクトップまたはアプリケーション セッションを再接続すると、動作が停止します。
  • Horizon Administrator で USB リダイレクトが無効になっている。
  • ゲスト上で、USB リダイレクト ドライバが存在しないか、無効になっている。

解決方法

  • PCoIP が使用可能な場合は、RDP の代わりにプロトコルとして使用します。
  • 一時的な切断後に、リダイレクトされたデバイスが使用できないままであるか、動作を停止した場合、デバイスを取り外し、再度接続して、リダイレクトを再試行してください。
  • Horizon Administrator で、[ポリシー] > [グローバル ポリシー] の順に移動して、[View ポリシー] で USB アクセスが [許可] に設定されていることを確認します。
  • ゲストのログでクラス ws_vhub のエントリの有無、クライアントのログでクラス vmware-view-usbd のエントリの有無を調べます。
    ユーザーが管理者でない場合、または USB リダイレクト ドライバがインストールされていないか、機能していない場合には、これらのクラスのエントリがログに書き込まれます。これらのログ ファイルの場所については、『 Horizon 7 でのリモート デスクトップ機能の構成』の「ログ ファイルを使用してのトラブルシューティングと USB デバイス ID の確認」を参照してください。
  • ゲスト上でデバイス マネージャを開き、[ユニバーサル シリアル バス コントローラ] を展開して、VMware View 仮想 USB ホスト コントローラのドライバおよび VMware View 仮想 USB ハブのドライバが表示されない場合はそれらを再インストールし、無効になっている場合は再度有効にします。