ストレージ オーバーコミット機能を使用して、View がデータストアにどのようにリンククローン仮想マシンを作成するかを制御できます。この機能により、データストアの物理ストレージ上限を超える合計論理サイズになるリンク クローンを作成できます。

この機能はリンククローン プールおよび自動ファームでのみ機能します。

ストレージのオーバーコミット レベルは、各クローンがフル仮想マシンであった場合に使用するデータストアの物理サイズより大きくストレージの量を見積もります。詳細については、以下を参照してください。View Composer リンク クローン仮想マシンのストレージ オーバーコミット。次の手順は、リンククローン デスクトップ プールに適用されます。手順は、自動ファームの場合と同様です。

手順

  1. View Administrator で、[カタログ] > [デスクトップ プール] を選択します。
  2. 新しいデスクトップ プールを作成するとき、または既存のプールを編集するときは、[vCenter 設定] ページに移動します。
    オプション アクション
    新しいデスクトップ プール
    1. [追加] をクリックします。
    2. [vCenter 設定] ページが表示されるまで、[デスクトップ プールを追加] ウィザードの処理を続行します。
    既存のデスクトップ プール
    1. リンククローン プールを選択し、[編集] をクリックします。
    2. [vCenter 設定] タブをクリックします。
  3. [vCenter 設定] ページで、[データストア] の横にある [参照] をクリックします。
  4. [リンク クローンのデータストアを選択] ページで、データストアを選択します。
    選択したデータストアの [ストレージ オーバーコミット] 列にドロップダウン メニューが表示されます。
  5. ドロップダウン メニューから、ストレージ オーバーコミット レベルを選択します。
    オプション 説明
    なし ストレージはオーバーコミットされません。
    データストアのサイズの 4 倍。これはデフォルトのレベルです。
    データストアのサイズの 7 倍。
    データストアのサイズの 15 倍。
    境界なし View は、データストアの物理的な容量に基づいて作成されるリンククローン マシンの数を制限しません。このレベルは、すべてのマシンとそれらの将来のデータ増加に対応するために、データストアに十分なストレージ容量があることが確実である場合に限って選択してください。
  6. [OK] をクリックします。