既存の仮想マシンまたは物理コンピュータからデスクトップをプロビジョニングする手動デスクトップ プールを作成できます。このデスクトップ プールに含めるマシンを選択する必要があります。

vCenter Server によって管理される仮想マシンが含まれている手動プールの場合は、ユーザーがスペア マシンに接続できるように、View は必ず 1 つのスペア マシンがパワーオンされているようにします。このスペア マシンは、どの電源ポリシーが有効でもパワーオンされます。

前提条件

手順

  1. View Administrator で、[カタログ] > [デスクトップ プール]を選択します。
  2. [追加] をクリックします。
  3. [手動デスクトップ プール] を選択します。
  4. ウィザードの指示に従って、プールを作成します。
    ワークシートで収集した構成情報を使用します。ナビゲーション パネルのページ名をクリックすると、完了したウィザード ページに直接戻ることができます。

結果

View Administrator で、[カタログ] > [デスクトップ プール] を選択すると、プールに追加されているとおりにマシンを表示できます。

次のタスク

プールにアクセスするための資格をユーザーに付与します。デスクトップまたはアプリケーション プールへの資格の追加を参照してください。