選択した親仮想マシンに基づいて自動リンク クローン デスクトップ プールを作成できます。View Composer サービスは、vCenter Server に各デスクトップ用の新しいリンク クローン仮想マシンを動的に作成します。

フル仮想マシンを含む自動プールの作成については、フル仮想マシンを含む自動プールを参照してください。

前提条件

  • View Composer サービスが vCenter Server と同じホストまたは個別のホストにインストールされていて、View Composer データベースが構成されていることを確認します。『View インストール ガイド』を参照してください。
  • vCenter Server の View Composer 設定が View Administrator で構成されていることを確認します。『View 管理ガイド』を参照してください。
  • リモート デスクトップとして使用している仮想マシンに対して使用されている ESXi 仮想スイッチに十分な数のポートがあることを確認します。大規模なデスクトップ プールを作成する場合、デフォルト値では不十分なことがあります。ESXi ホスト上の仮想スイッチ ポートの数は、仮想マシンの数に、仮想マシンあたりの仮想 NIC の数をかけた数以上である必要があります。

  • 親仮想マシンを準備したことを確認します。親仮想マシンで Horizon Agent がインストールされている必要があります。クローン作成のための親仮想マシンの作成と準備を参照してください。
  • vCenter Server で親仮想マシンのスナップショットを作成します。スナップショットを作成する前に親仮想マシンをシャットダウンする必要があります。View Composer は、クローンを作成するための基本イメージとしてスナップショットを使用します。
    注: : 仮想マシン テンプレートからリンククローン プールを作成することはできません。
  • プールを作成するために指定する必要がある構成情報を収集します。リンク クローン デスクトップ プールの作成用ワークシートを参照してください。
  • 電源設定、表示プロトコル、Adobe Flash 品質、およびその他の設定を構成する方法を決定します。すべてのデスクトップ プール タイプのデスクトップ プール設定を参照してください。
  • VMware Identity Manager からデスクトップとアプリケーションへのアクセスを提供しようとしている場合、Horizon Administrator のルート アクセス グループで Administrators ロールを持つユーザーとしてデスクトップ プールとアプリケーション プールを作成していることを確認します。ルート アクセス グループ以外で Administrators ロールをユーザーに付与すると、VMware Identity Manager は、Horizon 7 で構成する SAML 認証システムを認識せず、VMware Identity Manager でプールを構成できません。
重要: : リンク クローン プールが作成されている間、vCenter Server で親仮想マシンを変更しないでください。たとえば、親仮想マシンをテンプレートに変換しないでください。View Composer サービスでは、プールの作成中、親仮想マシンが静的な未変更の状態のままであることが必要です。

手順

  1. View Administrator で、[カタログ] > [デスクトップ プール] を選択します。
  2. [追加] をクリックします。
  3. [自動化されたデスクトップ プール] を選択します。
  4. [vCenter Server] ページで、[View Composer のリンク クローン] を選択します。
  5. ウィザードの指示に従って、プールを作成します。
    ワークシートで収集した構成情報を使用します。ナビゲーション パネルのページ名をクリックすると、完了したウィザード ページに直接戻ることができます。

    [vCenter 設定] ページで、[参照] をクリックし、vCenter Server の設定を順番に選択する必要があります。vCenter Server の設定を省略することはできません。

    1. 親仮想マシン
    2. スナップショット
    3. 仮想マシンのフォルダの場所
    4. ホストまたはクラスタ
    5. リソース プール
    6. データストア

結果

View Administrator で、[カタログ] > [デスクトップ プール] を選択すると、プールに追加されているとおりにマシンを表示できます。

リンク クローンは、プロビジョニング中に 1 回以上再起動される場合があります。リンク クローンがエラー状態にある場合、View の自動リカバリ メカニズムはそのリンク クローンのパワーオン、またはシャットダウンと再起動を試みます。リカバリが繰り返し失敗すると、そのリンク クローンは削除されます。

View Composer は、リンク クローンのプロビジョニング用のマスタ イメージとして機能するレプリカ仮想マシンも作成します。領域の使用を少なくするために、レプリカはシン ディスクとして作成されます。すべての仮想マシンが再構成または削除され、レプリカにクローンが 1 つもリンクされていない場合、レプリカ仮想マシンは vCenter Server から削除されます。

別のデータストアにレプリカを格納しない場合は、View Composer によって、リンク クローンが作成される各データストアにレプリカが作成されます。

別のデータストアにレプリカを格納する場合は、リンク クローンが複数のデータストア上で作成されている場合でもプール全体に対して 1 つのレプリカが作成されます。

次のタスク

プールにアクセスするための資格をユーザーに付与します。デスクトップまたはアプリケーション プールへの資格の追加を参照してください。