Virtual Dedicated Graphics Acceleration (vDGA) では物理 GPU へのダイレクト パススルーが提供されます。これにより、ユーザーは単一の vGPU に無制限の専用アクセスを行うことができます。vDGA 機能を持つデスクトップ プールを作成する前に、仮想マシンおよび ESXi ホストで特定の構成タスクを実行する必要があります。

ここでは、View Administrator でデスクトップ プールを作成または構成するために vSphere で実行する必要のある作業の概要を説明します。詳細な情報と手順については、『VMware ホワイト ペーパー』のグラフィック アクセラレーションに関する項目を参照してください。

注: : 一部の Intel vDGA カードでは、特定の vSphere 6 バージョンが必要です。 http://www.vmware.com/resources/compatibility/search.phpにある VMware ハードウェア互換性一覧を参照してください。また、Intel vDGA の場合、他のベンダーと同様に個別の GPU ではなく、Intel 統合 GPU が使用されます。
  1. グラフィックス カードを ESXi ホストにインストールします。
  2. GPU vSphere Installation Bundle (VIB) をインストールします。
  3. VT-d または AMD IOMMU が ESXi ホストで有効になっていることを確認します。
  4. PCI デバイスを仮想マシンに追加し、適切な PCI デバイスを選択して仮想マシンで GPU パススルーを有効にします。
  5. 仮想マシンの作成時に、すべてのメモリを予約します。
  6. 仮想マシンのビデオ カード 3D 機能を構成します。
  7. GPU ベンダーから GPU ドライバを取得し、仮想マシンのゲスト OS に GPU デバイスのドライバをインストールします。
  8. VMware Tools と Horizon Agent をゲスト OS にインストールし、再起動します。

これらのタスクを実行した後、仮想マシンを手動デスクトップ プールに追加し、PCoIP または VMware Blast Extreme を使用してゲスト OS にアクセスできるようにする必要があります。これで、PCoIP セッションまたは VMware Blast セッションで NVIDIA、AMD、または Intel ディスプレイ アダプタをゲスト OS でアクティベーションできるようになります。