Horizon 7 デスクトップで Horizon Persona Management を使用するには、各マシンにインストールされている Horizon Persona Management エージェントを使用してデスクトップ プールを作成する必要があります。

Horizon Persona Management を、リモート デスクトップ サービス (RDS) ホストで実行している RDS デスクトップ プールで使用することはできません。

前提条件

  • デスクトップ プールの作成に使用する仮想マシンに、[VMware Horizon 7 Persona Management] セットアップ オプションを指定して Horizon Agent がインストールされていることを確認します。Horizon Persona Management オプションを指定して Horizon Agent をインストールを参照してください。
  • Horizon Persona Management ポリシーをこのデスクトップ プールのみに構成する場合は、Horizon Persona Management の ADMX テンプレート ファイルを仮想マシンに追加し、ローカル コンピュータ ポリシー構成でグループ ポリシー設定が構成されていることを確認します。

手順

  • 仮想マシンからスナップショットまたはテンプレートを生成し、自動デスクトップ プールを作成します。
    フル仮想マシンまたはリンク クローンを格納するプールで Horizon Persona Management を設定できます。プールでは、専用割り当てと流動割り当てを使用できます。
  • (オプション) 手動デスクトップ プールで Horizon Persona Management を使用するには、[VMware Horizon 7 Persona Management] オプションで Horizon Agent がインストールされているマシンを選択します。

結果

注: : Horizon Persona Management を Horizon デスクトップ プールにデプロイした後に、Horizon マシン上の [VMware Horizon 7 Persona Management] セットアップ オプションを削除したり、 Horizon Agent 全体をアンインストールすると、現在ログインしていないユーザーのマシンからローカル ユーザー プロファイルが削除されます。現在ログインしているユーザーについては、アンインストール処理中にリモート プロファイル リポジトリからユーザー プロファイルがダウンロードされます。