ユーザーがリンク クローンを操作するたびに、クローンの OS ディスクが大きくなります。マシンの更新操作によって、OS ディスクが元の状態とサイズに復元され、ストレージ コストが削減されます。

更新操作は View Composer 通常ディスクには影響しません。

リンク クローンは、完全な OS データを格納する親の仮想マシンに比べ使用するストレージ領域が少なくなります。ただし、クローンの OS ディスクはゲスト OS 内からデータが書き込まれるたびに拡大していきます。

View Composer はリンク クローンの作成時に、クローンの OS ディスクのスナップショットを作成します。このスナップショットでは、リンク クローン仮想マシンが一意に識別されます。更新操作によって、OS ディスクがそのスナップショットに戻されます。

View Composer は、クローンを削除して再作成する場合にかかる時間のわずか半分の時間で、リンク クローンを更新できます。

更新操作では以下のガイドラインが適用されます。

  • デスクトップ プールの更新は、必要に応じて、スケジュール設定されたイベントとして、または OS データが指定サイズに達したときに実行できます。

    特定のリンク クローンに対し、一度にスケジュール設定できる更新操作は 1 回だけです。更新操作をただちに開始した場合、以前にスケジュール設定されたすべてのタスクが上書きされます。

    更新操作がさまざまなリンク クローンに影響する場合は、複数の更新操作をスケジュール設定できます。

    新しい更新操作をスケジュール設定する前に、以前にスケジュール設定したすべてのタスクをキャンセルする必要があります。

  • 専用割り当てプールと流動割り当てプールを更新できます。
  • 更新は、ユーザーがリンク クローン デスクトップから切断される場合にのみ実行できます。
  • 更新では、QuickPrep または Sysprep によって設定された一意のコンピュータ情報が保持されます。更新後に、システム ドライブにインストールされているサードパーティ ソフトウェアの SID または GUID を復元するために Sysprep を再実行する必要はありません。
  • リンク クローンを再構成すると、Horizon 7 によって、リンク クローンの OS ディスクの新しいスナップショットが作成されます。その後の更新操作では、リンク クローンが最初に作成されたときに作成された元のスナップショットではなく、その新しいスナップショットによって OS データが復元されます。

    ネイティブ NFS スナップショット(VAAI)テクノロジーを使用してリンク クローンを生成する場合は、特定ベンダーの NAS デバイスによって、リンク クローンの OS ディスクの更新時にレプリカ ディスクのスナップショットが作成されます。これら NAS デバイスは、各クローンの OS ディスクのスナップショットを直接作成することはサポートしていません。

  • ユーザーが更新操作中に接続できる状態を保つ作動可能なプロビジョニングされたデスクトップの最小数を設定できます。
注: : ページング ファイルとシステム一時ファイルを一時ディスクにリダイレクトすることによって、リンク クローンの拡大を抑えることができます。リンク クローンがパワーオフされると、 Horizon 7 は一時ディスクを、View Composer がリンク クローン プールで作成した元の一時ディスクのコピーに置き換えます。この操作によって、一時ディスクが元のサイズに縮小されます。

このオプションは、リンク クローン デスクトップ プールの作成時に構成できます。