切断された通常ディスクを別のリンク クローン仮想マシンに接続できます。通常ディスクを接続すると、他の仮想マシンのユーザーがディスク内のユーザー設定および情報を使用できるようになります。

切断された通常ディスクを、選択したリンク クローン仮想マシン上のセカンダリ ディスクとして接続します。リンク クローンの新しいユーザーは、セカンダリ ディスクと既存のユーザー情報および設定にアクセスできます。

non-Virtual SAN データストアに格納されている通常ディスクは、Virtual SAN データストアに格納されている仮想マシンに接続できません。同様に、Virtual SAN に格納されているディスクは non-Virtual SAN に格納されている仮想マシンに接続できません。View Administrator では、Virtual SAN データストアおよび non-Virtual SAN データストアにまたがる仮想マシンを選択できません。

切断された通常ディスクを non-Virtual SAN から Virtual SAN に移動する場合は、non-Virtual SAN データストアに格納された仮想マシンでディスクを再作成して、仮想マシンのデスクトップ プールを Virtual SAN データストアに再分散できます。切断された通常ディスクによるリンク クローンの再作成を参照してください。

前提条件

  • 選択した仮想マシンが、通常ディスクが作成されたリンク クローンと同じオペレーティング システムを使用していることを確認します。

手順

  1. View Administrator で、[リソース] > [通常ディスク] を選択します。
  2. [切り離し済み] タブで通常ディスクを選択して、[接続] をクリックします。
  3. 通常ディスクを接続するリンク クローン仮想マシンを選択します。
  4. [セカンダリ ディスクとして接続] を選択します。
  5. [終了] をクリックします。

次のタスク

リンク クローンのユーザーが、接続されたセカンダリ ディスクを使用するための十分な権限を持っていることを確認します。たとえば、元のユーザーが通常ディスクに対する特定のアクセス権を持っており、その通常ディスクが新しいリンク クローン上のドライブ D として接続された場合、リンク クローンの新しいユーザーはドライブ D に対して元のユーザーのアクセス権を持っている必要があります。

リンク クローンのゲスト OS に管理者としてログインし、新しいユーザーに適切な権限を割り当てます。