再構成では、デスクトップ プール内のすべてのリンク クローンで、オペレーティング システムのパッチを提供したり、アプリケーションをインストールまたは更新したり、仮想マシン ハードウェア設定を変更したりすることができます。

リンク クローン仮想マシンを再構成するには、vCenter Server で親仮想マシンを更新するか、新しい親になる別の仮想マシンを選択します。次に、新しい親仮想マシンの構成のスナップショットを作成します。

リンク クローンは、親に直接リンクされているのではなく、レプリカにリンクされているため、リンク クローンに影響を与えることなく親仮想マシンを変更できます。

次に、デスクトップ プールの新しい基本イメージとして使用するスナップショットを選択して、再構成を開始します。View Composer は新しいレプリカを作成し、再構成した OS ディスクをリンク クローンにコピーし、リンク クローンを新しいレプリカに関連付けます。

再構成によって、リンク クローンも更新され、OS ディスクのサイズが削減されます。

デスクトップの再構成は、View Composer 通常ディスクには影響しません。

再構成では以下のガイドラインが適用されます。

  • 専用割り当てデスクトップ プールと流動割り当てデスクトップ プールを再構成できます。
  • デスクトップ プールの再構成は、必要に応じて、またはスケジュール設定されたイベントとして実行できます。

    特定のリンク クローンに対し、一度にスケジュール設定できる再構成は 1 回だけです。新しい再構成をスケジュール設定する前に、以前にスケジュール設定したすべてのタスクをキャンセルしたり、以前の操作が完了するまで待機したりする必要があります。新しい再構成をすぐに開始する前に、以前にスケジュール設定したすべてのタスクをキャンセルする必要があります。

    再構成がさまざまなリンク クローンに影響する場合は、複数の再構成をスケジュール設定できます。

  • デスクトップ プール内の選択したリンク クローンまたはすべてのリンク クローンを再構成できます。
  • デスクトップ プール内のさまざまなリンク クローンが、基本イメージのさまざまなスナップショットやさまざまな基本イメージに基づいている場合、デスクトップ プールには複数のレプリカが含まれます。
  • 再構成は、ユーザーがリンク クローン デスクトップからログオフしている場合にのみ実行できます。
  • あるオペレーティング システムを使用するリンク クローンを、別のオペレーティング システムを使用する新しい、または更新された親仮想マシンに再構成することはできません。
  • 現在のバージョンよりも低いハードウェア バージョンにリンク クローンを再構成することはできません。たとえば、ハードウェア バージョン 7 の親仮想マシンにハードウェア バージョン 8 のクローンを再構成することはできません。
  • 再構成操作時に、ユーザーが引き続き接続できるプロビジョニングされた作動可能なデスクトップの最小数を設定できます。
注: : デスクトップ プールの作成時に、Sysprep カスタマイズ仕様を使用してリンク クローンをカスタマイズした場合、再構成された仮想マシンに対して新しい SID が作成されることがあります。