委任された管理者グループを作成し、それに vCenter 拡張機能でアクションを実行するための権限を割り当てた後、Orchestrator でワークフローを表示し実行するためのグループ権限を付与することができます。

vRealize Orchestrator を使用していて、vCenter 拡張機能を表示、調査、実行するための権限を持つユーザーおよびグループをすでに作成している場合は、このトピックに記載されている手順を実行する必要がないことがあります。

前提条件

  • Orchestrator サーバの管理者認証情報を把握していることを確認します。このアカウントは、vCenter Single Sign-On で認証するように構成された vRealize Orchestrator Admin グループのメンバーである必要があります。
  • 委任された管理者グループを作成し、vCenter での拡張権限を持つロールを割り当てていることを確認します。vSphere Web Client を使用した委任された管理者ロールの作成を参照してください。

手順

  1. 管理者として Orchestrator にログインし、画面の左上部分のドロップダウン メニューから [設計] を選択します。
  2. 左ペインのルート ディレクトリを右クリックし、[アクセス権限の編集] を選択します。
  3. [アクセス権限の編集] ダイアログ ボックスで、[アクセス権限の追加] をクリックします。
  4. [選択者] ダイアログ ボックスで、[フィルタ] テキスト ボックスに委任された管理者グループの名前の最初の数文字を入力し、グループ名がリストに表示されたらそのグループを選択します。
  5. [表示] チェック ボックスをオンにし、その他のチェック ボックスをオフにして、[選択] をクリックします。
    そのグループが [アクセス権限の編集] ダイアログ ボックスのリストに追加されます。
  6. [保存して閉じる] をクリックします。
    そのグループが [権限] タブに追加され、[権限] 列にグループに表示権限があることが示されます。
  7. 左ペインのライブラリを展開し、Horizon フォルダを右クリックします。
  8. コンテキスト メニューから [アクセス権限の編集] を選択し、[アクセス権限の追加] をクリックします。
  9. [フィルタ] テキスト ボックスに委任された管理者グループの名前を入力し、リストでそのグループをオンにし、[表示][調査] および [実行] チェック ボックスをオンにします。
  10. [選択者] ダイアログ ボックスで [選択] をクリックし、[アクセス権限の編集] ダイアログ ボックスで [保存して閉じる] をクリックします。
    グループが [権限] タブで追加され、[権限] 列にそのグループに表示、調査、および実行の権限があることが示されます。

次のタスク

委任された管理者グループを特定のデスクトップおよびアプリケーション プールに割り当てます。委任された管理者のプールへの割り当てを参照してください。