必要な構成タスクを管理者が実行すると、委任された管理者およびエンド ユーザーは、[高度なデスクトップ割り当て] ワークフローを実行して、デスクトップ管理、プール管理に関するさまざまな目標を達成できるようになります。

エンド ユーザーの場合、以下のシナリオで取り上げるアクション項目は、vRealize Automation[項目詳細] タブでデスクトップ項目をクリックすると表示されます。該当するデスクトップ管理アクションとしては、(仮想マシンの)起動、ログオフ、再起動、シャットダウン、リサイクルなどがあります。リンク クローン デスクトップの場合はさらに、更新アクションを実行して、ユーザーが最初にマシンを取得した時点の状態に戻すことも可能です。

委任された管理者の場合、以下のシナリオで取り上げるアクション項目は、[項目詳細] タブでデスクトップ プール項目をクリックすると表示されます。該当するプール管理アクションとしては、プールのドロップ(プールの削除)、(デスクトップの)割り当て管理、(デスクトップ プールに対する)資格管理、セッション管理、さらにリンク クローン プールの場合、再構成などがあります。

[高度なデスクトップ割り当て] ワークフローのシナリオ: 委任された管理者が、エンド ユーザー向けにマシンをプロビジョニングし、プールに追加する

  1. 委任された管理者は [高度なデスクトップ割り当て] ワークフローを、vRealize OrchestratorvRealize Automation、あるいは vSphere Web Client から実行できます。このワークフローを実行すると、vcac-desktop-callback-bl(ビジネス ロジック)ワークフローが呼び出されます。
  2. ワークフローは、マシンがすでに存在するか、または指定されたユーザーにマシンを使用する資格が付与されているかどうかを確認します。
    • マシンがすでに存在していて、ユーザーにプールを利用する資格があり、マシンに割り当てられていれば、ワークフローはアクションを実行しませんが正常終了を報告します。
    • マシンがすでに存在していて、ユーザーに割り当てられていても、ユーザーにプールを利用する資格がない場合、ワークフローはそのユーザーに資格を付与します。
    • マシンがまだ存在しない場合、ワークフローは 2 回実行されます。1 回目にワークフローが実行されるときに、マシンが作成され、ユーザーが割り当てられます。2 回目はユーザーに、プールを利用する資格が付与されます。
  3. 主要管理者および委任された管理者は、ワークフローの進捗状況を、Orchestrator や vRealize Automation で監視できます。
    • Orchestrator の場合、管理者は [Horizon] > [CoreModules] > [ビジネス ロジック] に移動し、vcac-desktop-callback-bl ワークフローを選択できます。
    • vRealize Automation の場合、テナント管理者および委任された管理者は、作成された要求を [要求] タブで確認できます。テナント管理者も、[インフラストラクチャ] > [マシン] > [管理対象マシン] の順に移動し、リストに追加されたマシンを確認できます。ステータスは、InitializingRequestCloneMachineMachineProvisionedOn の順に変わっていきます。
    • View Administrator では、指定したデスクトップ プールに属するマシンのリストに、そのマシンが表示されます。ステータスは Waiting for Agent から Available に変わります。ユーザーの資格が、資格のリストに表示されます。
  4. ワークフローが正常終了すると、エンド ユーザーは vRealize Automation にログインし、[項目] タブに移動し、[マシン] をクリックすることによりマシンを確認できます。マシンは vRealize Automation によってプロビジョニングされているため、[Horizon] パネルではなく [マシン] パネルに表示されます。

[セルフサービス 高度なデスクトップ割り当て] ワークフローのシナリオ

ユーザーは、以下のシナリオで取り上げるアクションをデスクトップ項目に対して実行できるばかりでなく、項目をクリックすることにより [項目詳細] タブに移動し、View デスクトップのステータスを調べて、マシンが接続されているか、パワーオン状態か、エラー状態でないか、再構成操作が進行中か、などを判断できます。

シナリオ 1: エンド ユーザーから見て、マシン項目は [マシン] パネルのリストにあるが、[Horizon] パネルのリストにはない

最初のシナリオでは、委任された管理者が [高度なデスクトップ割り当て] ワークフローを実行することにより、vRealize Automation でマシンを作成、プロビジョニングし、エンド ユーザーに割り当てます。エンド ユーザーはマシンの項目を、vRealize Automation[項目] タブで確認できます。マシンは [マシン] パネルにのみリストされていますが、ユーザーはこの項目を [Horizon] パネルにも表示して、デスクトップ管理のアクション ボタンを押せるようにしたいと考えています。

  1. エンド ユーザーは vRealize Automation[カタログ] タブに移動し、[セルフサービス 高度なデスクトップ割り当て] ワークフローを実行し、マシン プロバイダとして [vRealize Automation Center] を選択します。
  2. マシンはすでに存在し、ユーザーに割り当て済みであるため、ワークフローは正常終了を報告するとともに、マシンの項目を、エンド ユーザーの [Horizon] パネルに配置します。
  3. マシンが [Horizon] パネルに表示されるようになりました。ユーザーは、[起動][リサイクル][ログオフ] などのアクション ボタンにアクセスできます。

シナリオ 2: エンド ユーザーの View デスクトップを vRealize Automation で管理したい

エンド ユーザーには、View Administrator (VMware Horizon 6.2.2 または 7) でプロビジョニングされたマシンが割り当てられます。したがって、そのユーザーが vRealize Automation[項目] タブを見ても、何も表示されません。エンド ユーザーは、[Horizon] パネルの [項目] タブにマシンの項目を作成し、デスクトップ管理のアクション ボタンを押せるようにしたいと考えています。

  1. エンド ユーザーは vRealize Automation[カタログ] タブに移動し、[セルフサービス 高度なデスクトップ割り当て] ワークフローを実行し、マシン プロバイダとして [Horizon View] を選択します。
  2. マシンはすでに View デスクトップ プールに存在し、ユーザーに割り当て済みであるため、ワークフローは正常終了を報告するとともに、マシンの項目をエンド ユーザーの [Horizon] パネルに配置します。
  3. エンド ユーザーは、[Horizon] パネルに切り替え、[起動][リサイクル][ログオフ] などのアクション ボタンにアクセスできます。

シナリオ 3: エンド ユーザーは、マシンが必要で、vRealize Automation で管理したい

第 3 のシナリオでは、vRealize Automation でも View Administrator でも、エンド ユーザーにマシンが作成されていません。エンド ユーザーは、マシンの作成、プロビジョニング、割り当て、ユーザーへの資格付与を希望しています。さらにエンド ユーザーは、[Horizon] パネルの [項目] タブにマシンの項目を作成し、デスクトップ管理のアクション ボタンを押せるようにしたいと考えています。

  1. エンド ユーザーは [ の ]カタログvRealize Automation タブに移動し、[セルフサービス 高度なデスクトップ割り当て] ワークフローを実行し、マシン プロバイダとして [vRealize Automation Center] を選択します。
  2. マシンはまだ存在しないので、マシンを生成、プロビジョニングし、指定されたプールに追加した上で、ユーザーに割り当てることになります。さらに、ユーザーにプールを利用する資格を付与します。ワークフローは正常終了を報告します。ただし、ワークフローはマシンの項目を、エンド ユーザーの [マシン] パネルに配置します。
  3. 主要管理者は Orchestrator や vRealize Automation で、ワークフローの進捗状況を監視できます。エンド ユーザーは vRealize Automation で要求を監視できます。
    • 管理者は Orchestrator 上でワークフローの実行ログを見ることができます。
    • 委任された管理者、テナント管理者、エンド ユーザーは、vRealize Automation[要求] タブで、作成された要求を確認できます。さらにテナント管理者は、[インフラストラクチャ] > [マシン] > [管理対象マシン] の順に移動し、リストに追加されたマシンを確認できます。ステータスは、InitializingRequestCloneMachineMachineProvisionedOn の順に変わっていきます。
    • View Administrator では、指定したデスクトップ プールに属するマシンのリスト中に、そのマシンが表示されます。ステータスは Waiting for Agent から Available に変わります。ユーザーの資格が、資格のリストに表示されます。
  4. マシンはユーザーの [Horizon] パネルにも表示されるようになりました。ユーザーは、[起動][リサイクル][ログオフ] などのアクション ボタンにアクセスできます。