このワークフローでは、委任された管理者が [Horizon View][vRealize Automation] のいずれかをマシン プロバイダとして選択し、マシンをエンド ユーザーに割り当てることができます。

手順

  1. 管理者として vRealize Automation にログインします。
  2. 新しいサービス ブループリントを選択します。
    vRealize Automation バージョン アクション
    6.2.4 [詳細サービス] > [サービス ブループリント] を選択します。
    7.2 以降 [設計] > [XaaS] > [XaaS ブループリント] を選択します。
  3. [追加] (+) アイコンをクリックします。
  4. [ブループリントの追加 - ワークフロー] タブで、[ライブラリ] > [Horizon] > [ワークフロー] > [vCAC] に移動し、ワークフローを選択し、[次へ] をクリックします。
  5. [詳細] タブで、[カタログ要求情報ページを非表示にする] チェック ボックスを選択し、[次へ] をクリックします。
  6. (オプション) [ブループリント フォーム] タブで、[マシン カタログのアイテムを作成] フィールドを特定のマシン ブループリントにバインドします。
    このタスクを実行すると、エンド ユーザーまたは委任された管理者がブループリントのカタログを経由してブループリントを選択できなくなります。 安全対策として、ブループリントがすでに選択されているようにワークフローを構成できます。
    1. [ブループリント フォーム] タブで、[マシン カタログのアイテムを作成] テキスト ボックスをクリックし、[編集](鉛筆)アイコンをクリックします。
      [フォーム フィールドの編集 - マシン カタログのアイテムを作成] ダイアログ ボックスが表示されます。
    2. [制約] タブで、[値] ドロップダウン リストから、[定数] を選択し、[追加] をクリックします。
    3. [値の選択] ダイアログ ボックスで、[カタログ] の下にあるブループリントに移動し、ブループリントの名前の隣にあるチェック ボックスを選択し、[送信] をクリックします。
    4. フィールドをもう一度編集し、[制約] タブで [表示] ドロップダウン リストから [定数] を選択し、[いいえ] を選択し、[送信] をクリックします。
  7. [ブループリント フォーム] タブで、[次へ] をクリックします。
  8. [プロビジョニング済みリソース] タブで、項目が選択されていないことを確認し、[追加] をクリックします。
    重要: : [デスクトップ [ViewDesktop]] が選択されていないことを確認します。そのリソースはセルフサービス ワークフローにのみ適用され、高度なデスクトップ割り当てワークフローには適用されません。
    ブループリントは [サービス ブループリント] ページの一覧に追加され、[ステータス] 列にブループリントがドラフトの段階であることが表示されます。
  9. [サービス ブループリント] ページで、ブループリントを選択し、テーブルの上にある [公開] ボタンをクリックします。

結果

ワークフローのサービス ブループリントが公開され、 [高度なサービス] > [サービス ブループリント] テーブルに表示されます。