構成ワークフローをいくつか実行して、View ポッドに追加されていない仮想マシンの、セルフサービス機能や管理を有効にする必要があります。

  1. View フォルダにある、[GuestCredentialConfiguration] 構成要素と [SelfServicePoolConfiguration] 構成要素への委任管理者のアクセス権を設定します。ワークフロー許可を管理するためのベスト プラクティスを参照してください。
  2. 非管理対象マシンを登録するためのワークフローを使用する前に、Configuration/Horizon Registration Configuration フォルダで [ゲスト認証情報を追加] ワークフローを実行します。

    非管理対象マシンは、View に追加されていない vCenter インスタンスで管理される仮想マシンです。つまり、View Administrator にログインして、[View の構成] > [サーバ] > [vCenter Server] に移動しても、リストに vCenter Server インスタンスは表示されません。

    仮想マシンを手動デスクトップ プールに追加する前に、非管理対象マシンを View 接続サーバ インスタンスに登録する必要があります。[ゲスト認証情報を追加] ワークフローを実行するには、仮想マシン用のローカルまたはドメイン管理者認証情報が必要です。

  3. 指定の委任管理者がゲスト認証情報を使用し、非管理対象仮想マシンを含むデータセンターまたは仮想マシン フォルダにアクセスできるようにするには、Configuration/Horizon Registration Configuration フォルダで [委任管理者構成での登録の管理] ワークフローを実行します。
  4. Workflows/vCAC フォルダ内のセルフサービス ワークフローで使用可能なデスクトップおよびアプリケーション プールを指定するには、適切な [セルフサービス プール構成の管理] ワークフローを実行します。
    • Horizon ポッドまたはフェデレーションを通して提供されるデスクトップ プールおよびアプリケーション プールの場合、[セルフサービス プール構成の管理] ワークフローは Configuration/Self Service Pool Configuration フォルダにあります。