vRealize Automation でアクション項目を構成するための最初の段階は ViewDesktop および ViewPool カスタム リソースを作成することです。その後、セルフサービス 高度なデスクトップ割り当てワークフローなど、アクションとワークフローをインポートするとき、これらのリソースを選択できます。

前提条件

  • Orchestrator サーバの管理者認証情報を把握していることを確認します。このアカウントは、vCenter Single Sign-On で認証するように構成された vRealize Orchestrator Admin グループのメンバーである必要があります。
  • vRealize Automation ワークフローを使用できるようにするために、vRealize OrchestratorvRealize Orchestrator サーバと通信するように構成されていることを確認します。

手順

  1. 管理者として vRealize Automation にログインします。
  2. 新しいカスタム リソースを選択します。
    vRealize Automation バージョン アクション
    6.2.4 [詳細サービス] > [カスタム リソース] を選択します。
    7.2.4 以降 [設計] > [カスタム リソース] を選択します。
  3. [追加] (+) アイコンをクリックします。
  4. [リソース タイプ] タブの [Orchestrator タイプ] テキスト ボックスに horizon と入力します。
    これらの文字に一致する項目の一覧が表示されます。
  5. [Horizon: HorizonViewDesktop] を選択します。
  6. 名前に ViewDesktop と入力し、[次へ] をクリックします。
  7. [詳細フォーム] タブで [追加] をクリックします。
    このページでは変更の必要はありません。
  8. プールにこの手順を繰り返します。
    1. [リソース タイプ] タブの [Orchestrator タイプ] テキスト ボックスに horizon と入力します。
    2. [Horizon: HorizonViewPool] を選択します。
    3. 名前に ViewPool と入力し、[次へ] をクリックします。
    4. [詳細フォーム] タブで、[使用可能なアクション] フィールドを削除し、[追加] をクリックします。
      委任された管理者が後で [項目] タブのプール アイテムをクリックしたときに余計なテキストが [詳細] タブに表示されないように、 [使用可能なアクション] フィールドを削除しておくことが推奨されます。

結果

新しいリソースが [高度なサービス] > [カスタム リソース] ページに表示されます。

次のタスク

アクション アイテムをインポートします。デスクトップ項目とプール項目のアクションをインポートするを参照してください。