vRealize Automation で資格を作成するには、管理者がビジネス グループとそのグループに対応するサービスを指定します。

すでに vRealize Automation を使用している場合、これらの資格、または同等のものをすでに作成していることがあります。

前提条件

手順

  1. 管理者として vRealize Automation にログインします。
  2. [管理] タブをクリックします。
  3. [カタログ管理] > [資格] を選択します。
  4. 委任された管理者用の資格を作成します。
    1. [資格を追加] (+) アイコンをクリックします。
    2. [詳細] タブで名前を入力し、[ステータス] リストで [アクティブ] を選択します。
    3. [ビジネス グループ] リストから、委任管理者用に先ほど作成したビジネス グループを選択します。
    4. [ユーザーとグループ] フィールドで、委任された管理者のビジネス グループからユーザーを指定し、[次へ] をクリックします。
    5. [項目と承認] タブで、[資格のあるサービス][追加] (+) アイコンをクリックし、先ほど作成した、委任された管理者のサービスを選択します。
    6. [追加] をクリックします。
  5. この手順を繰り返してエンド ユーザー用の資格を作成します。

次のタスク

ポッドとプールに Horizon vRealize Orchestrator プラグイン ワークフローをバインドします。