このワークフローは、委任された管理者が、マシン プロバイダとして [Horizon View] または [vRealize Automation] を指定することにより、マシンをユーザーに割り当てできるようにします。

このワークフローで、プロバイダとして [vRealize Automation] を使用する前に、一連の手順を実行する必要があります。「vRealize Automation でのマシン作成およびプール管理」、特にトピック「高度なデスクトップ割り当てのためのマシン ブループリント サービスの構成」を参照してください。

入力/パラメータ マシン プロバイダ([Horizon View] または [vRealize Automation])、ポッド、プール ID、ユーザー名、vRealize Automation カタログ項目(マシン プロバイダとして vRealize Automation を選択した場合)
バインド要件 管理者はカタログ項目を特定のブループリントにバインドし、vRealize Automation のカタログ項目すべてに対するアクセス権を委任された管理者に付与することを回避できます。
結果

マシン プロバイダとして [Horizon View] を選択した場合、このワークフローは [デスクトップ割り当て] ワークフローと同様に動作します。

マシン プロバイダとして [vRealize Automation] を選択した場合、このワークフローは手動プールしかサポートしません。以下の順に各タスクが実行されます。

  1. vRealize Automation を使用してマシンがプロビジョニングされます。
  2. マシンが View デスクトップ プールに登録されます。
  3. フローティング デスクトップ プールの場合、エンド ユーザーはプールに対する資格を付与されます。
  4. 専用デスクトップ プールの場合、エンド ユーザーはマシンが割り当てられ、プールに対する資格を付与されます。
  5. マシンは、ユーザーの [マシン] パネルの vRealize Automation[項目] タブに、vCAC マシンとして追加されます。

委任された管理者およびエンド ユーザー向けの高度なデスクトップ割り当てのシナリオ も参照してください。

制限付き
  • Horizon View Agent がインストール済みであり、マシンをプロビジョニングするためのマシン ブループリントで使用されるテンプレートで実行されている必要があります。マシンをデスクトップ プールに追加するためにテンプレートとブループリントを作成するを参照してください。
  • VMware では、VMware Tools を、マシンをプロビジョニングするためのマシン ブループリントで使用するテンプレートで最新バージョンに更新することを推奨します。マシンをデスクトップ プールに追加するためにテンプレートとブループリントを作成するを参照してください。
  • 非管理対象マシンの場合は、有効なユーザー認証情報を指定して、管理者がマシン上のゲスト OS にアクセスできるようにする必要があります。
  • 非管理対象マシンの場合は、vSphere カスタマイズ仕様をブループリントに入力する必要があります。このカスタマイズ仕様には、テンプレートから生成される各マシンが一意のホスト名および SID を持つように、マシンのホスト名および SID を変更する構成を含める必要があります。マシンをデスクトップ プールに追加するためにテンプレートとブループリントを作成するを参照してください。
  • [ゲスト認証情報を追加] ワークフローを実行して、ゲスト認証情報を追加する必要があります。
  • 委任された管理者の権限を認証情報に付与するため、[委任管理者構成での登録の管理] ワークフローを実行する必要があります。これは Horizon/Configuration/Horizon Registration Configuration フォルダにあります。
  • 管理者がマシン ブループリントをカタログ項目にバインドしない場合、委任された管理者は、マシンをプロビジョニングするために管理者が指定したカタログ項目(ブループリント)のみ選択する必要があります。カタログ項目をバインドする手順については 「高度なデスクトップ割り当てワークフローをインポートする」を参照してください。